レモンマートルの育て方

MENU
TOP>フトモモ科>レモンマートル
スポンサードリンク

レモンマートル

レモンマートル
科名フトモモ科
みずやり水を好む
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


自生地では10メートルや20メートルまで育ちます。日本でも観葉植物として流通しかけています。まだ流通量が少なく、育て方もはっきりしない点があります。冬の寒さ(霜)に当てなければ基本的に頑健。

成長が早い
成長が早く、生育期間の間は葉っぱを収穫しながらでも問題ないほどに成長します。

水やりと肥料

水は土が乾いていたらしっかりとやってください。土が濡れている間は水はやらないようにします。土が濡れているのに水をやっていると根が腐って枯れてしまいます。受け皿に水が溜まっているのであれば、水を捨てて下さい。普通の観葉植物と同じ水やり管理です。

生育期間には液肥を
生育期間に液肥をやってください。あまり成長させたくないときは控えます。

冬は水やりを控えます
冬は成長が鈍くなっていますし、蒸発量も少ないので水を控えます。土が乾いてから数日経ってから水をやります。水をやる量は夏や春と同じように水が鉢底から染み出すくらいにしっかりとやります。年間を通して水やりで大事なのは、水をやるときはたっぷりと、やらないときはやらないようにすることです。毎日少量の水をちょっとあげるのが一番、根によくありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土で植えるか、観葉植物用の土で植えます。室内で管理する場合は観葉植物用の土で植えます。花と野菜の土は腐葉土がたくさん入っていて室内で育てるときは匂いが気になります。

根詰まりしやすい
成長が早く、鉢植えにしていると根が詰まってしまいやすく、根が詰まると葉っぱが落ちたり水をやってもやっても水下がりするなどします。鉢底から根が出ていたら植え替えを検討して下さい。

管理場所・日当たり

暑さには強い
熱帯出身の植物で気温40度まで耐えます。暑さには問題ないです。

にかく日当たりで
できるだけ日当たりで管理します。冬に室内で管理していて、急に戸外に出すと葉やけすることがあります。徐々に慣らしてから戸外に出すようにします。まずは日陰、半日陰と10日ずつ慣らし最後に日向へと移動させます。室内の日当たりよりも戸外の明るい日陰の方が日光両は多いです。

霜に当たったら枯れます
耐寒温度は5度。霜に当たったらかれるので秋まで戸外に出していた場合は、早めに取り込んでしまいましょう。忘れていて枯らさないように。霜が降りない地域ならば。冬も戸外で越冬します。霜が降りる地域でも土が凍結しない程度の寒さならば、軒下に移動させたり、霜よけをすることによって戸外で越冬も可能です。

特徴・由来・伝承


レモンの香り成分である「シトラール」をレモンやレモングラスよりも含む植物で、「レモンよりレモン」と呼ばれる。でもレモンじゃないです。

オーストラリア原産でアボリジニーも薬用・料理と利用しています。その精油には抗菌性があり、濃い精油では人間の肌にも毒となりますが、薄めれば免疫障害などの改善効果があります。石鹸、ローション、シャンプーなどに利用されています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フトモモ科の仲間


フトモモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用