コニファー・ブルーカーペットの育て方

MENU
TOP>ヒノキ科>コニファー・ブルーカーペット

コニファー・ブルーカーペット

nophoto
科名ヒノキ科
属名ビャクシン属
学名Chamaecyparis pisifera Filifera_aure
みずやりたまにやる程度
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

コニファーの仲間です。匍匐性があり、横へ横へと伸びていきます。グランドカバーに使われることが多いです。とはいっても踏んづけるところには適していませんので気をつけてください。

ブルーカーペットは色々
名前が安直というかありがちなんでしょうね。コンボルブルスのブルーカーペットやウアグルマギクのブルーカーペットと他の全然違う植物にも同じ品種名のものがあります。

春先の新芽も
春になると新芽が吹くのですが、これが鮮やかでとてもキレイ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

庭植えした場合は、降雨だけで十分育ちます。あまりに日照りが続く場合は、水やりをしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ドロ跳ねで枯れこむことが
ブルーカーペットはドロが雨が降ってドロが跳ねるとその泥が掛かった部分が枯れこみます。土の表面に腐葉土をかぶせてドロ跳ねを防ぐ(マルチング)をするとよいです。枯れるといっても、その部分だけなので気にしないでもOK。

水はけのよい土を好みます
庭の土が水はけが悪いならば、川砂を混ぜることで水はけをよくしてから植え付けをします。土を掘り返したときに水が染み出すような場所ならば植えるのには適していません。
鉢植えにするならば、市販の花と野菜の土(培養土)を利用します。

管理場所・日当たり

半日陰で管理
日当たりを好みます。
耐寒性はあるのですが、夏の暑さが苦手て真夏の高温多湿に枯れこむことがあります。耐陰性がありますので、日当たりではなく半日陰で管理しましょう。

寒さには強いです
寒さには強い、のですが、寒さに当たると葉っぱが茶色く変色してきます。少々ならば回復しますが、北海道あたりならば防寒が必要になります。

コンクリートの照り返しに注意
鉢植えにしていて、コンクリの照り返しや西日がモロに当たったり、庭植えしていて伸びていってコンクリート面にせり出していたら、枯れてきます。鉢植えの場合は場所を移動させてください。

その他

剪定は必要ないですが――
剪定に若干弱いところがあって、強い剪定をすると枯れこむことがあります。ですが、成長が早く、旺盛に茂る為に密生して夏に蒸れてしまったり、日光が内部まで届かなくなって中心部が枯れてしまうことがあります。風通しをよくするために、密生しているならば枝をさばいてください。

剪定時期
3月から5月に剪定をすることで脇芽を増やし株が大きくなります。

皮膚が弱い人は一考
チクチクするので防犯目的に植えることがあります。それはそれでいいのですが、チクチクするので剪定や作業がやりづらいです。成長が早いので皮膚が弱い人は植える前に一考を。

特徴・由来・伝承

グランドカバーに適しているコニファーの一種。コンボルブルスにもブルーカーペットという品種がありますが、ここで扱っているのはコニファー。コンボルブルスブルーカーペットの育て方はコンボルブルスを参考にしてください。

ニイタカビャクシンの栽培品種。葉っぱの色合いがシックで美しいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ヒノキ科の仲間


ヒノキ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用