ムスクマロウの育て方

MENU
TOP>アオイ科>ムスクマロウ
スポンサードリンク

ムスクマロウ(ジャコウアオイ)

ムスクマロウ
科名アオイ科
属名ゼニアオイ属
学名Malva moschata
別名ジャコウアオイ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


生育サイクル
春に苗を植え、それが生育して初夏から秋に掛けて花が咲き、その後霜が降りるまでに枯れてしまいます。枯れたのは地上部だけで春にはまた芽を出します。宿根草です。

高さが20センチから70センチと大きくない。花が薄紅で繊細。ゼニアオイ・コモンマロウ・マーシュマロウなどの仲間。広い意味ではタチアオイも仲間。コモンマロウはかなり大きく育ちますので、逸れに比べるとかなりカワイイ感じでです。

食用・ハーブにも
葉っぱはサラダに。花はサラダやお茶(生のままでフレッシュティー)に。古代から利用されてきたハーブで野菜としても利用されてきました。

水やりと肥料

過湿に弱い
土が濡れているときは水をやらないようにします。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。ですが、水切れもおきやすいです。葉っぱの状態をよくみて水をやってください。

肥料は控えて
肥料が多いと花が咲かなくなったり、株が弱くなったりします。生育期に薄い液肥を二週間に一回程度やるか、3月に緩効性肥料を根本に置く程度にします。肥料が無くても枯れることはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている培養土で植え付けをします。

管理場所・日当たり

日当たりのよい風通しの良い場所で管理します。過湿に弱く風通しが悪いと株が蒸れたり病気になったりしやすくなります。

耐寒性があります。冬は地上部が枯れて越冬。春には芽を出します。

特徴・由来・伝承

和名がジャコウアオイ。麝香=ムスクです。アオイ科の植物でハーブ。ヨーロッパ原産の宿根草です。ハーブティーで飲めます。北海道でも持ち込まれたものが帰化して生えています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アオイ科の仲間


アオイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用