アキレアの育て方

MENU
TOP>キク科>アキレア
スポンサードリンク

アキレア

アキレア
科名キク科
属名アキレア属
学名Achillea spp.
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育てやすい多年草
アキレアは一度植えつけると、夏の多湿に負けなければ寒さにも強く、毎年花を咲かせます。花の色合いと形に若干個人の好みが分かれますが、庭植えに適した育てやすい植物です。

花が終わったら摘んで下さい
終わった花はマメに摘んで下さい。アキレアは花が終わると種を作り始めて、種子に栄養が回って次のつぼみが咲きづらくなります。マメに花ガラを摘むか摘まないかで、次の花が咲きやすくなり、咲き具合が全然違います。

高温多湿にやや弱い
アキレアは花の時期が長くて、乾燥に強く、暑さと寒さに強い。庭植えに適しています。品種にもよりますが、高温多湿に弱くて蒸れると枯れることがあります。水は乾燥気味、夏は下葉をさばいて風通しをよくします。

夏・梅雨に刈り込みを
アキレアは夏や梅雨には多湿で傷みます。そこで前もって半分から三分の二ほどに刈り込んで風通しをよくして、葉っぱを間引いてやります。あとは水を控えてやります。これで夏越し出来ます。アキレアは多湿に弱いといっても夏越しが出来ないほどではありません。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱い
乾燥に比較的強いです。強いといっても、降雨だけでは枯れてしまう程度なのであまりに乾燥させると枯れます。過湿にしても枯れてしまいます。こう書くと管理が難しそうなのですが、逆に言えば、庭に植えて定期的に水をやるには適した植物です。他の植物と同じような感じで育てれば大丈夫です。

花に水をかけないで
花に水が掛かると、すぐにしぼんでしまいます。もったいないので、水をかけないようにしましょう。葉っぱには掛かっても大丈夫です。

肥料は控える
肥料が多いと徒長したり、花が咲かなくなりますので、液肥をやる場合でもアキレアの様子を見つつ薄めてからやります。春に植えつけた場合は、培養土に肥料が含まれて居ますので、そのシーズンは肥料は不要です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

アキレアは水はけのよい土を好みます。

春から夏に苗が流通
春から夏にかけて苗が出回りますので、これを植えつけます。アキレアは多年草で横へ横へと増え、こぼれダネでも増えますので、一度植えると毎年楽しめます。そのために(簡単に増えるので売れないので)春から夏に流通するとはいっても大量には流通しません。だから、ネットで買った方が早いです。

市販の土で植えます
花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。株同士を15センチ以上あけて植えます。鉢植えでも庭植えでも問題ありません。寒さにも暑さにも強く季節ごとに動かす必要が無いので庭植えが向いています。

種蒔きも
種は秋に撒きます。種を買うと一袋で何百粒も張っていて、広い庭ならば種まきが良いですが、ベランダガーデニングだったり、限られた範囲で育てるなら苗が無難です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日向か半日陰で管理します。

その他

支柱を用意するか……
アキレアは草丈が高くなってくると、花が房状に大きく咲くので、その重みで折れてしまいます。支柱を添えて支えてやります。でも支柱は面倒ですし、たくさん咲きますからキリがない。そこで、大きくなった花は収穫して、家の中に数日だけでも飾るのも手です。

特徴・由来・伝承


アキレアはレース状のふわっとした葉っぱに、房状に集まって咲く花。花の色は若干くすんでいて、鮮やかではないのですが、独特の雰囲気があります。花期が長くて頑健です。別名がヤロー(Yarrow)、セイヨウノコギリソウ(葉っぱの形から)。ノコギリソウの名前で切花として流通することもあります。切花になると若干弱い。

セイヨウノコギリソウ=ミレフォリウム
狭義ではセイヨウノコギリソウはアキレアの一種のミレフォリウム(A.millefolium)を指します。苗や切花で出回っているのはこの種です。育て方はみんな同じです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用