オオイヌノフグリの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

オオイヌノフグリ
科名ゴマノハグサ科
属名クワガタソウ属
学名Veronica persica
別名大犬の陰嚢
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

野草で販売していません。オオイヌノフグリが咲く場所を見つけておけば、種子を取りにいって、鉢植えに撒けば育てることは可能です。種蒔きは秋です。
生育サイクル
秋に芽吹き、2月ごろから春にかけて花が咲き、夏には地上部が枯れてしまいます。根は生きていますので秋には芽吹く宿根草多年草です。
霜にも負けない
真冬の2月でも花を咲かせます。小さな花なので目立ちませんし一日花で、その日のうちにすぼんでしまうのですが、澄んだ青の愛らしい花はやはり印象に残ります。
霜に当たっても枯れず、よく見ると葉っぱに生えたウブ毛で霜をガードしているみたいです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

雑草なので、庭植えしてしまえば水やりは不要です。鉢植えにしたのならば土が乾いたら水をやるようにします。

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭に種を撒いておけば、勝手に増えていきます。土は培養土でOK。
日本在来のイヌノフグリを駆逐した植物です
オオイヌノフグリは愛らしい容姿ですが、ヨーロッパから渡来して在来種のイヌノフグリを駆逐してしまうくらい繁殖力のある植物です。広がりすぎるようならば引っこ抜く覚悟を持ちましょう。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日光が当たらない場所だと、あの蒼い花が咲かないので、日当たりに種を撒きます。鉢植えでも育てられます。雑草かつ野草で、これといった手間は必要ありません。

特徴・由来・伝承


ヨーロッパ原産の植物で、日本に帰化した野草。春に小さな蒼い花を咲かせます。オオイヌノフグリは漢字で書くと「大犬の陰嚢」……犬の金玉という意味。ですが、これは元々、「イヌノフグリ」という近縁種があって、イヌノフグリの大型、という意味合いです。イヌノフグリは実が犬の金玉に似ていることからの命名。オオイヌノフグリの実も確かに似ています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用