イカリソウの育て方

MENU
TOP>メギ科>イカリソウ
スポンサードリンク

イカリソウ(碇草)

イカリソウ
科名メギ科
属名イカリソウ属
学名Epimedium grandiflorum
別名碇草
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


種子をアリが運ぶ
通常の植物の種子は、株元の近くに落ちるだけですが、イカリソウの種子にはスミレ類と同じように、種子にアリが好む物質がついていて、これを巣まで運んでもらうことで生息範囲を広げています。

生育サイクル
春に芽吹いて花が咲き、そのまま夏まで育ちます。冬になると地上部が枯れて消えてしまいますが、また春になったら芽吹きます。

樹木の下で生育する野草
日が当たった方が生育は早いのですが真夏の直射日光に弱いので、庭植えするのであれば、半日陰が適しています。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をやります。通常の植物と同じで、土が長期間濡れていると根が腐ることもあります。

冬も水やり
冬は地上部が枯れていますが、根は生きていて、水が必要です。庭植えした場合は水はやらないで構いませんが、鉢植えにした場合は、水やりを忘れると枯れてしまいます。

土に水を
イカリソウは成長すると葉っぱが地表を多い、水をかけても、葉っぱを伝って鉢の外に流れ出るということもあります。しっかりと水をやるか、葉っぱを持ち上げて土に水を注ぐなどして、水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

山野草の専用土
市販されている一般的な培養土では水はけが悪いので、ホームセンターで見かける「山野草の土」で植え付けをします。

植え替えは地上部が枯れている冬の間に
植え替えは1年か2年に一回行います。庭植えにすれば植え替えの必要はありませんので、庭植え出来るのであれば庭植えが楽です。

根つまりすると花つきが悪く
根の張るスピードが速く、根つまりがおきやすいです。根詰まりすると花つきが悪くなります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

半日陰が
夏の直射日光に弱く、夏は半日陰か日陰で管理します。夏の暑さで生育が鈍り、夏以降は新たに葉っぱを増やすことはありません。他の季節でも半日陰で十分です。

土が凍結したって枯れない
冬は地上部が枯れてしまいますが、根は生きています。軒下で管理していると水をやらないといけないので、野ざらしにして雨に当ててやると水をやらなくてもよいので楽です。土が凍結しても、イカリソウが枯れることはありませんが、土が凍結するとイカリソウの根が浮き上がることがあります。浮き上がったら埋め戻して下さい。

特徴・由来・伝承

淫羊霍という生薬になる。精力剤です。本来の淫羊霍はホザキノイカリソウ。羊がこの植物を食べたら精力絶倫になったという伝説から。バイアグラに似た作用があるとも(ただし非常に弱い)。

イカリソウの茎や葉を煎じて煮詰めたものには精液の分泌を促す効果があります。

東北以南の太平洋側、四国などに自生しています。

イカリソウという名前はその花の形から。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

メギ科の仲間


メギ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用