ゴールドコインの育て方

MENU
TOP>キク科>ゴールドコイン
スポンサードリンク

ゴールドコイン(アステリカリス)

ゴールドコイン
科名キク科
属名アステリスカス属
学名Asteriscus maritimum
別名アステリカリス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


マット状に広がる
グランドカバーとしても植えられます。夏越しがうまくいくと秋にも花が咲きます。

大株になると蒸れる
ゴールドコインは寒さに強く、乾燥にも強いので管理の手間が掛らないのですが、夏の高温多湿に弱いです。しかし植え付けて2年くらいは、そのままでも夏を越すのですが、株が大きく育つと内部で蒸れて枯れて来ます。

夏前に刈り込みを
梅雨前か夏前に刈り込んで風通しを良くしてください。また枯れた葉っぱをむしり、しぼんだ花を摘んでください。

花ガラは摘んで
花が終わったらそこに種子を作ろうと栄養を回して次の花が咲きづらくなります。またしぼんだ花が雨に当たって腐って病気の元になることもありますので、摘んでください。

水やりと肥料

鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやります。葉っぱが肉厚で乾燥に強いので、あまり水をやると根が腐って枯れてしまいます。水をやるときはしっかりと鉢底から染みだす位にやってください。一番枯れる水やりのパターンは、毎日ちょっとづつ水をやるパターンです。

庭植えが便利
ゴールドコインは、一旦植えて根付いたら降雨だけで十分育ちます。あまりに日照りが続く時は水をやってください。

肥料
春と秋に緩効性肥料を月に一回根本にやるか、2週間に一回液肥をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販されている花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。

鉢植えなら夏越しは簡単
鉢植えにして春と秋と冬は日当たり、夏は半日陰か日陰へと移動させれば夏越しは簡単です。

挿し芽で増えます
春と秋に挿し芽でよく増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、真夏の高温多湿に弱いので、庭植えするならば半日陰などやや日当たりが悪くても風通しのよい場所に植え付けをします。

日当たりが悪いと花つきが悪くなる
半日陰で管理していると花つきが悪くなるのですが、夏のことを考えると半日陰に植えておきます。広島の海側でも夏を越していますので、広島より東側でも半日陰で管理すれば夏越しは可能です。

特徴・由来・伝承

ゴールドコインは流通名で本来はアステリカリスです。ゴールデンダラーという名前の場合も。ゴールドコインという名前はラナンキュラスの品種にもありますし、ありがちな名前なので混同しやすいです。キク科らしい花、寒さに強く、夏越しいうほど難しくないです。

葉っぱが肉厚で多肉植物のよう。乾燥に比較的強く、庭植えすれば水はほとんど上げる必要はありません。

ちょっと野暮ったい
確かにちょっと野暮ったいのです。葉っぱの色合いが濃く、大株になると夏に蒸れてみすぼらしい姿になるなどがイマイチ弾け切らない理由でしょうか。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用