エピデンドラムの育て方

MENU
TOP>ラン科>エピデンドラム
スポンサードリンク

エピデンドラム

エピデンドラム
科名ラン科
属名エピデンドラム属
学名Epidendrum
みずやり乾かし気味に
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寒さに弱いという問題
ラン科のほかのギフト商品に比べて容姿が普通っぽい――正直な話、繊細さに欠ける――ので頑健な印象があるのですが、これが意外と寒さに弱く、5度未満になると環境や品種などによっては弱り枯れてしまいます。出来れば10度以上を保つようにします。とはいえ、一般家庭のリビングなどでは深夜になって5度以下になることは滅多にありません。これで十分冬を越します。玄関などの寒い場所や、夜中に意外と寒くなる出窓でなければ越冬は可能です。

暑さに強い……?
暑さには比較的強いです。しかし30度を越えると休眠してあまりに暑いと枯れることもあります。出来れば室内の涼しいところか、戸外の日陰の風通しのよいところで管理します。

花が終わったら茎ごと花を切る
花がしぼんできたら、茎の葉っぱの無い部分を切ってしまいます。ですが、ちょっと待って下さい。今、咲いている花の下に小さなふくらみがありませんか???それは花芽――つぼみです。うまくいけばまた咲きます。しぼんだ花は落としてしまいますが、つぼみは落とさないように切ってください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水は気温を考えながら
春から秋にかけてはミズゴケが乾いていたら水をやります。目安としては春と秋は四日に一回、夏は二日に一回、冬は一週間か二週間に一回。これはあくまで目安で、空調、気温、前回の水やりの量などに大きく左右されます。冬場は本来蒸発量が少ないので水やりの頻度は非常に少ないのですが暖房がよく効いた部屋では水の渇きが早くなります。春から秋に掛けての時期も風通しの良い場所だと乾きは早くなります。

どちらかというと乾燥気味に
エピデンドラムに限らずラン科の植物を枯らす原因の一意は水のやりすぎです。エピデンドラムの葉っぱは多肉植物のように分厚く進化していて、少々の乾燥には耐えられます。
水をやるまえにミズゴケを触ってみて濡れているかどうかチェックしてください。濡れているならば水はやらないようにしてください。環境によっては、ミズゴケの表面はカラカラなのに、内部はまだ湿っているということがあります。これでは指で触っても分かりません。そこで、ちょくちょくエピデンドラムの鉢を持ち上げて重さを覚えて置きます。そして軽くなったら水をやるようにします。これを習慣付けると他の植物の水やりも失敗が減ります。

冬は控えて
冬はミズゴケが乾いてから、二、三日たって水をやってください。

水の量は?
夏は鉢底から水が染み出すくらいにやっても構いませんが、その他の季節は空気中の湿度や風通しや温度によって、それでは水のやりすぎになります。そこでジョウロで水を注ぐのではなく、霧吹きでミズゴケを濡らすようにしてください。これなら、加減を自分で調節できます。

葉水
エピデンドラムの生活環境は空気中の湿度が高い地域です。ミズゴケへの水やりだけでなく葉っぱにも霧吹きで水を掛けてやってください。これを葉水をいいます。
とくに冬場は暖房で空気が乾燥しがちです。ミズゴケへの水やりを多くすると根が腐る、しかし乾燥で葉っぱがシワシワになる――このジレンマを解消するのが葉水です。年間を通して葉水をしてあげてください。

春から秋に肥料
春に一回ラン用の固形肥料をやり、その後春から秋までの間、液体肥料を二週間に一回程度やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢がイッパイになり、鉢底から根がはみ出しているようならば、株分けも兼ねて植え替えをします。

植え替えは春に行います。鉢から引っこ抜いて、腐って黒く変色した古いミズゴケを取り除きます。そして古い干からびた根を切り落とします。新しい根を新しいミズゴケで包んで植え付けをしてください。

発泡スチロールが入ってましたか?
鉢から株を出すと発泡スチロールが入っていることがあります。これって、「ミズゴケがもったいないからカサ増しに発泡スチロールを入れた」のではないんです。発泡スチロールは通気性がよく、排水性を高めるという意味では非常に優れた素材で、ラン科の鉢植えや観葉植物にはよく入っています。これを捨てずに同じように利用してください。ミズゴケだけで植えると中で水が腐りやすくなり、根腐れがおきやすくなります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

春から秋はカーテン越しの日が当たる場所か、日が差し込む部屋の直射日光が当たらない場所。エピデンドラムはジャングルの樹の枝に着生して育つ植物で、強い直射日光には葉っぱが焼けてしまいます。冬は室内の日があたるところで管理します。

花が咲く時期はまちまち
品種にもよりますが、栄養状態や日光などの都合です。ここであげた開花時期はあまりあてにしないでください。

冬はリビングなど暖かいところ
冬は最低でも5度以上、できれば10度以上の場所で管理します。リビングなどの昼間に人が生活する場所ならば、深夜でも5度以下になることは滅多にありません。気をつけて欲しいのは出窓です。出窓は外気温がマイナス5度くらいになると、出窓内でも氷点下になりはじめます。ここだとエピデンドラムは枯れてしまいますので気をつけてください。

特徴・由来・伝承

多肉植物のような分厚い葉っぱと、他のラン科の植物よりも小さな花がボール状にまとまって咲く様子が、ギフトに人気のランです。エピデンドラムのエピは上、デンドラムは樹を表し、合わせて「樹上」という意味。これはエピデンドラムが樹に着生して育つことから来ています。そうはいってもラン科の植物の中でよく花屋さんで見かける胡蝶蘭デンドロビュームデンファレなども樹に着生するのでエピデンドラムの特性ではないのですが。

割安でギフトに
エピデンドラムはインパクトと色合いの割には安い、と思います。最近ではかなり鮮やかな色合いの品種が出ていますが、生産者によって同じ品種でも色あいはかなり違いますので、ギフトにするときは実店舗で目視したものを宅配するなどした方がよいです。

切花が人気
切花での流通も多く、アレンジメントや生け花でよく利用されます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用