西安の育て方

MENU
TOP>アジサイ科>西安

西安

nophoto
科名アジサイ科
属名アジサイ属
学名Hydrangea
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

色が変わる??
西安は徐々に色合いが変わるアジサイとして人気のあるアジサイの園芸品種です。この色が変わるというところが良いような悪いような微妙なところで、アジサイを育てたことのある人ならば、分かると思いますが、アジサイは翌年の花芽が8月に出来るのです。するとこの西安の目玉である「秋色」を見る頃には既に翌年の花芽が出来ていて、完全にしおれてから、この花を摘むと翌年の花芽まで落としてしまい、次の年には花が咲かないという事態に。
来年は咲かなくていいなら問題無し
秋まで花を見て、それで枯れるものだと思ってしまえば問題ないです。
正直な話、西安の秋色は別に綺麗というほどのものではないので、通常のアジサイ同様に7月中に花を切ってしまう方がいいと思います。

水やりと肥料

水やりのコツはアジサイを参考に
育て方・水やりはアジサイを参考にしてください。
鉢が小さいから水切れしやすい
地上部の大きさに対して鉢が小さく、すぐに水切れを起こします。元々アジサイは水を欲しがる植物ですから尚更です。土が乾ききる前に水をやるようにしてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

アジサイを参考に
育て方はアジサイを参考にしてください。
できれば庭植えで
庭植えができるのであれば庭植えにしてください。庭植えにすると日照りじゃない限り降雨だけで大丈夫なので楽です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

アジサイを参考に
育て方はアジサイを参考にしてください。

購入直後は寒さに注意
アジサイは梅雨時に花を咲かせるものなのに、温室で育てて3月前後に出荷されることがあります。しかし3月前後はまだ霜の降りる時期、アジサイが寒さに強いと言っても、温室で過保護に育てられた西安を、そのまま真冬の戸外に置いておくと、完全に枯れないまでも花はしおれてしまいます。まだ寒い時期に購入、もしくはギフトで貰った場合は室内で管理してください。

特徴・由来・伝承

アジサイは英名でハイドランジア。水の器という意味です。水を欲しがり、水切れが起きやすいので、鉢植えの場合は気を付けてください。
西安はアジサイの園芸品種で、春から秋に掛けて花の色が変わるのが人気のギフト商品です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アジサイ科の仲間


アジサイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用