リトルチュチュの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>リトルチュチュ

リトルチュチュ

リトルチュチュ
科名ゴマノハグサ科
属名スコバリア属
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


暖かくしていると冬を越すことは出来るとも。耐暑性があって夏も枯れませんが、暑さで花が止まってしまいます。病害虫も少なく、切り戻し・刈り込みが無くてもほどよく整います。
リトルチュチュはスコパリアの品種です
リトルチュチュはスコパリアの園芸品種の一つです。矮性で小さくまとまります。
摘芯をしましょう
度々摘芯をする必要はありませんが、最初に一回か二回ほど摘芯をしてください。ペチュニアのように度々摘芯をしなくても大きくコンモリとした株に育ちます。花ガラは摘まなくても大丈夫です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をやってください
土が乾いていたら水をやってください。土が濡れている間は水をやらないようにしましょう。夏は気温が高くなって蒸発が激しくなりますので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。水をやるときは鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやってください。
肥料を切らさず
花が沢山咲きますので、肥料が切れないように一週間に一回液肥をあげてください。肥料が切れると花つきが悪くなります。真夏は暑さで花が休みますので、真夏だけは肥料をやらないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の培養土
水はけのよい、肥沃な土を好みます。市販している花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。寄席植えにしていることがありますが、フワフワした様子が良い感じなので、チュチュだけで植えたほうが良いです。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。日光が少ないと花つきが悪くなります。
夏の暑さに若干弱いといっても、東海地方なら半日陰で十分夏越し可能。関東も半日陰で越します。冬越しも東海地方で可能だったので、地植えにして毎年株が大きく育ちます。
ただし蒸れに注意
夏の暑さにゴマノハグサ科にしては強い方ですが、草丈が高くなると根もとが蒸れて来ます。といってもコレで枯れるというほどもないですが、予防のために刈り込むか、下葉をむしるなどすると、安心して夏越しが出来ます。

特徴・由来・伝承

本来の名前はスコパリアですが、あまり広まっていません。サントリーが「リトルチュチュ」という名前の園芸品種を販売していて、そちらの方が有名です。春に植えて春から秋まで楽しむ植物で、花が小さくてかわいらしいのと、フルーツの香りがするのが、イイところです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用