花手毬の育て方

MENU
TOP>クマツヅラ科>花手毬

花手毬(ハナテマリ・バーベナ)

花手毬
科名クマツヅラ科
属名クマツヅラ属
学名Verbena
別名ハナテマリ・バーベナ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花が一段落したら切り戻し
花手毬が満開になり、一山越えて花が少なくなってきたら、切り戻しをします。全体を三分の一か、ほとんど丸坊主くらいに切り戻します。すると脇芽が出てきた茂って咲き始めます。花手毬はこうやって何度も満開を楽しむものだと思ってください。切り戻しをしなくても枯れませんが、1シーズンで見られる花の量が全く違います。枯れても居ない枝を切るのは心が痛いですが、切り戻すたびに大きくなります。
越冬する宿根草
寒さで地上部が枯れて春には芽吹く宿根草です。しかし連作障害を起こし、徐々に株が小さくなっていきます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

春と秋は土が乾いて居たら
土が乾いて居たら水をやります。土が濡れているうちは水をやらないようにしてください。花手毬は水をやりすぎて過湿状態にしておくと根が腐って枯れてしまいます。土が濡れている間は水をやらないでください。乾燥気味に育てるとうまくいきます。
夏は1日二回
花手毬は宿根バーベナのですから、比較的乾燥の方がよいです。しかし花手毬は生育が早く、水の吸い上げが強いので、水が切れないように、夏場だけは1日二回、しっかりと水遣りをしてください。
冬は水を控える
越冬させる場合、冬は水を控えます。土が乾いてから数日経って水をやるようにします。水をやる量は冬でも鉢底から水が染み出す位にしっかりとやります。
肥料を必ず追加
肥料が切れると花が途切れます。もったいないので生育期間は必ず一週間に一回は液肥をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き


水はけのよい土を好みます。市販されている花と野菜の土で植え付けをします。
プランターに苗三つ
一般的な横幅65センチのプランターに苗を三つ植えます。これ以上植えると水切れがおきやすくなります。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。半日陰でも咲きますし、枯れませんが、日当たりと比べると花つきが違いますので出来るだけ日当たりで管理します。
育て方はバーベナを参考に
育て方は宿根バーベナと同じなので宿根バーベナを参考にしてください。

特徴・由来・伝承


サントリーが品種改良した宿根バーベナのの園芸品種。通常の宿根バーベナのよりも苗が高いものの、開花量と株の成長スピードなどを考えると、さほど高くないです。
購入はネットから
花手毬は人気品種なのですが、あまり流通していません。ホームセンターなどで見かけなかったらネット購入した方がよいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

クマツヅラ科の仲間


クマツヅラ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用