チューベローズの育て方

MENU
TOP>リュウゼツラン科>チューベローズ

チューベローズ(晩香玉)

nophoto
科名リュウゼツラン科
属名チューベローズ属
学名Polianthes tuberosa
別名晩香玉
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

熱帯性の植物で寒さが苦手
春に植え付けて夏に花が咲き、秋以降は地上部が枯れてしまいます。冬の寒さに耐えられないために、冬は掘り上げて別途管理します。
支柱が必要です
成長してくると茎が風などでポッキリと折れてしまうことがあります。根本に土を寄せて支えるか支柱を立てて括りつけてあげてください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に注意
乾燥に弱く、水切れしやすい植物です。土が乾いていたら水をしっかりとやります。特に鉢植えだと水切れが起きやすいです。夏場は更に切れやすくなります。鉢植えは夏に朝と夕方の二回しっかりと水をやってください。それでも水が切れるようであれば、半日陰へと移動させてください。
肥料が必要です
チューベローズは肥沃な土地を好み、肥料が不足すると球根や葉が太らず、また病気にもなりやすくなります。植え付け時に肥料を混ぜておきますが、それでも不足するならば液肥をやってください。また花が終わった後にも化成肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

最低気温が10度を下回らなくなったら植え付けをします。チューベローズは少し湿気た場所を好みますので、水はけが良すぎても水切れで枯れてしまいます。市販している培養土で植え付けるか、赤玉土7培養土3に堆肥を混ぜたものを利用します。庭植えの場合は腐葉土と堆肥を混ぜておきます。水はけが極端に悪い場合は川砂を混ぜて水はけを良くします。
株同士を15センチ離し、深さ10センチに植えて土をかぶせ、水をやります。これで植え付け完了です。
肥料を
植え付ける時に1平方メートルあたり化成肥料1握りと油粕2握りを混ぜておきます。チューベローズが肥料が少ないと、病害虫にやられやすくなります。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
必ず日当たりのいいところで管理してください。日光が不足すると花が育たず咲かなくなることもあります。熱帯性の植物で日に焼けることはありません。
冬は掘り上げて保存
冬の寒さに弱く、5度以下で球根まで枯れてしまいます。霜が降りない暖地であれば植えっぱなしで越冬も可能ですが、それ以外の地域では必ず冬には掘り上げて、10度以下にならない室内で、敷き詰めたバーミキュライトやおがくずの中に入れて春まで保管しておきます。

特徴・由来・伝承

リュウゼツラン科の植物で、メキシコが原産地。なによりも香りが特徴で切り花であってもむせかえるような香りがします。香水の材料として栽培されていました。
その香りから「イエライシャン(夜来香)」と混同されがちですが、全くの別種。イエライシャンと言えば李香蘭が歌った歌の題材として有名。
切り花でも流通
切り花としてはあまり一般的でなく、知られていないこともあって、高値での取引はありません。切り花として流通できる品質にまで育てるのがかなり苦労するという話も。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用