ブータンルリマツリの育て方

MENU
TOP>イソマツ科>ブータンルリマツリ

ブータンルリマツリ(ルリマツリモドキ)

ブータンルリマツリ
科名イソマツ科
属名ケラトスティグマ属
学名Ceratostigma plumbaginoides
別名ルリマツリモドキ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


生育サイクル
春に植え付けをして初夏から秋に花が咲き、冬は休眠しますが、春になるとまた新芽が吹いて生育します。
関東より西では戸外で越冬も
関東以西では戸外で越冬し、翌年の初夏からはまた花が咲きます。寒冷地ならば鉢植えにして室内で越冬させます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。ブータンルリマツリは春以降生育スピードがあがり、水を吸い上げる力が強くなりますので、水が切れないようにしてください。鉢植えだと水が切れやすいです。鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやります。庭植えした場合は植え付け直後に根付くまで水をやったあとは、真夏に乾燥しない限りは降雨だけで十分です。
夏場は水切れに注意
鉢植えの場合は朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやります。あまりに水をやってもやっても水が切れる場合は、株もとに腐葉土を掛けてマルチングをして蒸発を防ぐか、半日陰に移動させます。
庭植えしていても真夏は水切れを起こしますので、乾燥するようであれば水をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えの場合は花と野菜の培養土で植え付けをします。庭植えするときは土に腐葉土を混ぜ込んでから植え付けをします。あまりに水はけが悪い粘土質のときは川砂を混ぜ込んで水はけをよくしてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。
半日陰でも生育しますが、日当たりの方が花つきがよいので出来るだけ日当たりで管理します。真夏の日当たりにも負けないのですが、日当たりがいいと水の蒸発が早く、水切れがおきやすくなりますので気をつけましょう。
冬の寒さには強い
秋に紅葉します。冬には休眠し、枯れこんできますが春には新芽が吹きます。関東以西で、鉢植えで管理しているならば日当たりのいい軒下で管理します。寒冷地ならば鉢植えを室内に取り込んで越冬させます。

特徴・由来・伝承

中国原産の低木。春に苗を植えると、地表から芽が出てきて、地表を這うように広がります。初夏から秋にかけて蒼い花が咲きます。花が小さく、夏のガーデニングで賑やかに咲く他の種類と比べると見劣りがしますが、この涼しげな蒼い花は魅力的ですし、秋になると葉っぱが紅葉し、蒼い花と紅葉のコントラストは、他では見られない雰囲気があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

イソマツ科の仲間


イソマツ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用