連作障害

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識(中級編)>連作障害

連作障害とは

続けて植物を育てると、生育不良を起こしたり病害虫が発生して、うまく生育しなかったり、枯死することです。
連作障害の原因はハッキリしない
実は連作障害の原因はいくつかあるですが、そのうちどれがどのくらい作用しているのかはハッキリと分かりません。それは推測するしかないのが現実です。そのあたりの具合を昔の農家は推測できたのでしょうし、そこが農家の技量だったのでしょうね。
スポンサードリンク

ガーデニングをする上で気をつけること

新しい土で植えれば連作障害は気にしないでOK
農作をするのとは違って、ガーデニングならば、連作障害はせいぜいナス科・ウリ科・アブラナ科・マメ科の植物について気をつければいい程度で、それもプランターや鉢植えならば、毎回新しい土で植えれば連作障害は起きません。

原因詳細

土中の微生物のバランス
土の中には微生物が大量に生息しています。本来多種な微生物が土の中にいるはずなのですが、同じ植物を大量に育てることによって、その多様性が崩れて、微生物の種類が少なくなってしまいます。するとその微生物が特定の植物に悪影響を与えるものだった場合、その植物が生育不良を起こし枯れてしまいます。
市販の培養土は殺菌がしてあり、微生物が居ない状態からスタートします。そのためにガーデニングをするときに非常に便利ですが、こういった手間が掛かるので培養土は(土のくせにw)高価になります。
アレロパシー
アロレロパシーというのは植物が、成長を阻害する効果のある成分を分泌することです。そのために他の植物が生育しずらくなるのですが、中には自分が分泌した成分で自家中毒のような状態になって、生育不良を起こしてしまいます。本来は植物が分泌するこういった成分も微生物が分解してしまいます。ところが土が市販の培養土だと、微生物がいないために、逆に連作障害が起き易いわけです。

予防には?

農家ならば連作障害に対応して、輪作を行います。輪作の基本はイネ科、マメ科、根菜類、ナス科を回転して作ることです。ガーデニングの場合は以前植えていた植物とは違う科の植物を植えれば問題ありません。
コンパニオンプランツを利用
コンパニオンプランツの組み合わせを考慮して、病気を避けることが出来ます。
殺菌する
市販の培養土は殺菌されているために、植え付けに適しています。同じように庭の土も殺菌・殺虫してしまえば、植物が生育しやすくなります。この手法に関しては批判もあります。有効な菌まで殺してしまうとか、殺菌することで逆に偏った菌が繁殖しやすいなど。でも狭い範囲であれば、殺菌するのが便利です。

参考リンク

連作障害にならないための畑のローテーション
http://www.1monger.net/9rensakusyougai.html

連作障害
http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/rensakusyougai.htm
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間


ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用