風知草の育て方

MENU
TOP>イネ科>風知草

風知草(フウチソウ)

風知草
科名イネ科
属名ウラハグサ属
学名Hakonechloa macra
別名フウチソウ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花も咲きますが観賞価値は無い
ススキのような花が咲きます。観賞価値は薄いです。
上部で手間のかからないガーデニング材
鉢植えの盆栽も人気で愛好家もいますが、庭植えが便利で楽、しかも夏に涼しげで、冬は地上部が枯れますが春にはまた芽を出す宿根草です。
流通するのは春から夏に掛けてで、この時期に購入して置いて冬以降は水をたまにやっておいて春に庭植えという手順になります。

水やりと肥料

乾燥に弱い
乾燥に弱く、水が切れると葉っぱが丸まってしまいます。極端に乾燥してしまうと復活しませんが、少々丸まったくらいなら水をやれば元に戻ります。
水切れしやすいのに過湿も苦手です。水をやりすぎないようにもしてください。
株に対して鉢が小さいと水切れがしやすいので、大きめの鉢に植えましょう。
鉢植えの夏は毎日水を
土は水はけのよいものを好むくせに、水切れしやすいので、夏は毎日二回、朝と夕方しっかりと水をやってください。庭植えした場合も夏は葉っぱの様子を見て水をやってください。
鉢植えの場合は

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替え・植え付けは地上部が無くなっている冬に行います。水はけが良ければこれといった土質は選びません。市販の花と野菜の土(培養土)で植え付けをしてください。もしくは培養土に川砂を混ぜて水はけをよくしてから植えます。
植え替えは春に
根をよくはるので、鉢植えの場合は毎年植え替えをします。鉢から抜いて、古い根を整理して新しい土を足して植え替えをしてください。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

本来は日向を好み、夏の直射日光が当たっても問題ないのですが、斑入りの品種は夏の直射日光に当たると葉焼けしますので、庭植えする場合は半日陰に植え付けをします。

特徴・由来・伝承


イネ科の植物でコンモリと生える日陰に強い植物です。弱い風でもユラユラと揺れる様子は「風知草」という名前にピッタリです。別名は裏葉草。通常の植物は葉の表に光沢があるものですが、風知草は葉っぱの裏の方が光沢があって葉っぱの裏の方が綺麗なことから。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

イネ科の仲間


イネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用