帝王貝細工の育て方

MENU
TOP>キク科>帝王貝細工

帝王貝細工(ムギワラギク)

帝王貝細工
科名キク科
属名ムギワラギク属
学名Helichrysum bracteatum
別名ムギワラギク
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


東京以西では秋に種を撒いて越冬させて春から夏に掛けて花を楽しむのですが、発芽率がよいのですがそれほど広い庭が無いのであれば春に苗を植えて夏まで花を楽しみます。
生育サイクル
春に苗を植えて夏まで花を楽しんだ後は高温多湿に枯れてしまうと考えましょう。
花ガラを摘んでください
花が終わって変色してきたら、早めに摘みましょう。花ガラを摘むことで次の花が咲きやすくなりますし、帝王貝細工の場合は、花が腐って病気の元になることがあります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合は土が乾いていたら
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。過湿に弱く、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。土が濡れているうちは水をやらないようにしてください。出来れば鉢を持ち上げて土中の水分量を測れるようになっておくと水切れ・水のやりすぎを避けられます。
庭植えは楽です
庭植えにした場合、植え付け直後二週間ほど根付くまで水をやりますが、その後は降雨だけで十分です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けする一週間前に堆肥苦土石灰を混ぜておきます。あまりに水はけが悪い場合は川砂を混ぜて水はけを良くします。
鉢植えにする場合は市販の培養土を利用します。

管理場所・日当たり

秋に種を撒いた場合、冬は霜に当たると枯れてしまいますので、霜よけをします。霜が降りない暖地であれば、戸外で越冬可能です。

特徴・由来・伝承

帝王貝細工とはムギワラギクのことです。帝王貝細工はキク科の一年草扱い植物。カサカサした油取り紙のような花びらが何重にも重なる変わった花を咲かせます。ドライフラワーにすぐに出来ます。本来は多年草ですが、高温多湿に弱いために、日本では春から夏にかけて花を楽しむ一年草扱いです。
ヘリクリサムの仲間
ヘリクリサムやハナカンザシかんざし姫などの仲間です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用