ユーパトリウムの育て方

MENU
TOP>キク科>ユーパトリウム
スポンサードリンク

ユーパトリウム(コノクリニウム・カッコウアザミ)

ユーパトリウム
科名キク科
属名ヒヨドリバナ属
学名Eupatoriun(Conoclinum) coelestinum.
別名コノクリニウム・カッコウアザミ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

頑健で簡単。年々株が大きく育ちます。地下茎で横へと広がるタイプですが、引っこ抜けば広がるのを抑えることは簡単です。初心者に適したガーデニング材です。弱点をあげるとしたら、雨にあたると汚くなる、ということでしょうか。
生育サイクル
春に苗を植えたら秋まで花が咲き、霜が降りたら花が終わります。冬の間は地上部が枯れて、地下茎で越します。春になったらまた新芽を芽吹く、多年草です。

水やりと肥料

根が浅いために、庭植えしていても水切れがおきやすい植物です。鉢植えの場合は土が乾いて居たら水をやってください。庭植えした場合でも、庭の土の水はけが良すぎたり、根本に日光が当たるなどして、水切れが起き易いなら水をやるようにしてください。
過湿に注意
ユーパトリウムはジメジメした土を嫌います。長い間ジメジメした環境にいると根が腐って枯れてしまいます。水は土が乾いてからやるようにしてください。
肥料は無くても
生育期間に肥料をやると旺盛に茂りますが、無くても問題なく育ちます。逆に肥料が多いとヒョロ長く徒長してしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

一般的には苗を春に植えます。ユーパトリウムは根の張りが早く、よく広がりますので、根詰まりしているようであれば、秋に株分けを兼ねて植え替えをします。
株同士は40センチほど離して
ユーパトリウムは株が大きく育ちますので、苗を植えたり、株分けするときは株同士を40センチ以上離します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりでも半日陰でも生育します。日当たりの方が花の量が多いですが、半日陰でも十分開花します。

特徴・由来・伝承


キク科でフジバカマと同属の植物(現在は別属)。耐寒性・耐暑性にすぐれていて繁殖力があり、増えすぎるほど。ユーパトリウムは花がフジバカマに似ていますが、青いものはアゲラタムにも似ています。

ユーパトリウムはユーパトリウム属(和名でヒヨドリバナ属)でしたが、現在はコノクリニウム属となり、正式にはユーパトリウムではなく「コノクリニウム」と呼ばれるべきですが、ユーパトリウムという呼称が浸透しているので、ユーパトリウムで流通しています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用