コピアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>コピア
スポンサードリンク

コピア(バコパ)

コピア
科名ゴマノハグサ科
別名バコパ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

通常のバコパよりかなり花が大きくて、まるきり別の植物のようにも見えます。育て方はバコパと同じですが、バコパよりも寒さに強く、逆に暑さに若干弱いです。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやります。バコパは水を好み、どちらかというとジメっとした状態を好み、乾燥すると葉っぱがカリカリになってしまいます。年間を通して乾燥しすぎないように気をつけましょう。
夏の高温多湿に弱い
夏の高温多湿に弱く、水をやりすぎると腐って枯れて混んできます。これは水を控えるよりも、夏前に刈り込んで風通しをよくし、半日陰で管理することで防ぐほうが夏越しの確率は高まります。
開花中は肥料
バコパ・コピアは開花量が多く、肥料が切れると花が止まります。開花する季節は一週間に一回、肥料をやってください。真夏は暑さで生育が止まりますので肥料はやらないようにします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えにした場合、根が鉢底から出るようであれば植え替えをします。鉢から取り出し、古い土を払い、大きく育ている場合は株分けもします。
用土培養土
水はけのよい、弱酸性の土を好みます。市販している花と野菜の培養土で植え付けをしましょう。

管理場所・日当たり

バコパ・コピアは0度まで耐えますが、霜に当たると傷みます。また夏の暑さに弱く、夏は半日陰に移動させないと夏越しは難しいです。
冬は軒下へ
弱い霜であれば根までは枯死しませんが、葉っぱは汚くなりますし、強い霜に当たったら枯れてしまいます。軒下で管理するのが無難です。
春と秋は日あたりで
バコパ・コピアは日当たりで育てるとどんどん開花します。しっかりと日に当てて下さい。

特徴・由来・伝承

バコパの大輪種で、バコパよりも大きな花を咲かせ、比較的寒さに強いです。草丈は低く15センチほどでグランドカバーとしても利用されます。花の色や造形にクセが無く、寄せ植えにしても合いやすいのもあって、よく流通しています。
コピアはバコパの園芸品種のひとつ。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用