紫蘭の育て方

MENU
TOP>ラン科>紫蘭
スポンサードリンク

紫蘭(シラン)

紫蘭
科名ラン科
属名シラン属
学名Bletilla striata
別名シラン
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

初心者でも簡単に育てられる山野ラン
育てやすく、むしろランではなく一般的な植物と考えて育てた方がうまくいきます。
鉢植えでも庭植えでも手間いらずで世話ができます。春になると球根から笹のような茎をのばし、赤紫のランの花を咲かせます。秋の終わりごろから葉を落とし休眠に入ります。
球根、種からも増やせる
花後、種が実を結ぶとタネを飛ばし、放置しておいても発芽していることがあります。球根から増やす方法はやさしくガーデニング愛好者なら初心者でもどんどん株を増やしていけます。
一年中明るい場所を好みます
耐暑性があり、日光にも強いです。日当たりを好みます。
耐寒性はある程度ありますが、鉢植えの場合、土が凍らない程度の場所で育てるのが理想です。庭植えの場合は、よほど凍結がひどくない限り越冬が可能です。
水を好むが乾燥にも強い
庭植えは特に水遣りは必要ありません。鉢植えは、毎日たっぷりと水を与えます。丈夫なので多少の乾燥には十分耐えます。
まとめ
● 乾燥にある程度強く、庭植えならみずやりは必要なし。
● 寒さ、暑さに強く、気候をあまり選ばない。
● 日当たり、水を好む。
● 球根からも大変増やしやすい。
● ガーデニング初心者でも栽培可能。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥にも比較的強く、一般的な植物と同様な水やりをします。土が乾いて居たら水をやります。どちらかというとジメジメした環境を好みます。
冬は水を控える
冬は休眠しますので、冬の間は水を控えます。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度にします。
肥料
植えつけや植え替えの際に、元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込んでおきます。その後は花が終わったときに緩効性肥料を撒くくらいにしておきましょう。

植え替え、株分け、増やし方

詳しくはシランの植え替え、株分け、増やし方をご覧ください。

管理場所・日当たり

出来るだけ日当たりで管理します。半日陰でも十分です。
冬は土が凍結するほどでなければ戸外で
寒さには耐性がありますが、さすがに土が凍結すると枯れてしまいます。土が凍結するほどならば、室内に取り込んでやるか、土に腐葉土をかぶせてマルチングして防寒します。
真夏の直射日光には若干弱い
日当たりを好むのですが、真夏の直射日光を浴びると葉っぱが焼けることがあります。しかし枯れるほどではないので、気にしなくても構いません。
スポンサードリンク

その他

枯れた葉や花茎が気になれば、葉が枯れて休眠に入る冬の間に取り除いておきましょう。

特徴・由来・伝承


ラン科の植物で、地生ラン。地生ランというのは地面に根を張るランのこと。よくお店で見かける胡蝶蘭デンドロビュームデンファレといったラン科の植物の多くは樹の枝や幹などに根を張って生育する着生ランです。
ランなのに畑でも
地生ランで、しかも日向でも半日陰でも育てられ、比較的乾燥に強く、また過湿にも強いという珍しいラン。また種子の発芽率が高く、苗の育成も簡単で、そのために品種、変異個体が多く、またそれらの交雑種が多くあり、同定が難しい。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ラン科の仲間


ラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用