ペペロミアの育て方

MENU
TOP>コショウ科>ペペロミア

ペペロミア(シマアオイソウ)

ペペロミア
科名コショウ科
属名ペペロミア属
学名Peperomia
別名シマアオイソウ
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ペペロミアは冬は5度以下にならないような場所で管理して、夏は直射日光が当たらないよう、窓辺に置く場合はカーテン越しにしてください。
直射に注意
直射日光が当たると、日光が当たった葉の部分が黒く変色したり(葉焼け)、葉っぱが丸まって最終的には枯れてしまいます。葉っぱがそのようになっていたら、日差しが直射しない場所に移動してあげてください。
あまりに日差しを嫌って日陰に置いていると、茎だけがヒョロヒョロと間延びしてしまいますので気をつけてください。ペペロミアにあった丁度いい場所を探して、決まれば手間のかからない植物です。
水のやりすぎと日光さえ気を付ければ、ほとんど手間のかからないインテリアになります。
ペペロミアは模様や色合いでかなり多くの品種があります。ペペロミア・カペラータなど。育て方は大差ありません。
まとめ
● 半日陰がよいでしょう。
●  気温10度以上が理想的、5度以下になると弱ります。
● ほとんど手間のかからないインテリアです。
● 簡単に増やすことができます。
● 寒さに弱いので冬越しがカギ

水やりと肥料

春―秋の水遣り
ペペロミアは乾燥を好む植物なので、水のやりすぎに注意しないといけません。水をやり過ぎると、根が腐って枯れてしまいます。土に触ってみて、湿り気を感じたら、水はあげないでください。
土に触ってみて、カラカラに乾いていたら、タップリと水を与えてください。鉢やポットのそこから水がしみ出すくらいにです。
秋ー冬の水遣り
最低温度が20度を以下になると、水をあまり吸わなくなりますので、水やり回数をだんだんと減らしましょう。
冬は、寒いので鉢の中にまだ水が残っている場合があります。ちょっとしおれ気味になってきたら、霧吹きか水やりをして乾燥気味に育てるのが良いでしょう。
受け皿に溜まった水を放置すると根が腐ってきます。水は捨てましょう。
肥料は?
生育期の5~9月に、肥料を与えます。ゆっくり効く緩効性の化学肥料は2ヶ月に1回、速効性の液体肥料は月に2回ほど薄めたものを水やり代わりに与えてください。
スポンサードリンク

ペペロミアの増やし方

ペペロミアは挿し木、水差し、葉挿しで増やせます。5月中旬から8月下旬に行ないます。
詳しくはペペロミアの増やし方ページをご覧ください。

管理場所・日当たり

寒さに弱いので冬越しがカギ 
ペペロミアは窓辺に置くことが多くなります。しかし、真冬の窓辺は夜になると、非常に寒くなる場所でもあります。寒冷地では、ペペロミアを夜は室内の中心部分(ようは温かい場所)に置いた方がいいです。暖地で、夜も室内が5度以下にならないところではそのままで大丈夫です。

春・秋は反日陰で 最低温度が10度以上になると、外で管理しても大丈夫です。戸外の明るい日陰で管理してください。あまりに日の当たらない場所だと茎が間延びしてしまいますので、注意しましょう。

特徴・由来・伝承


ペペロミアはギリシャの言葉で「ペペスに似ている」という意味です。ペペスとはコショウのことです。

葉っぱが肉厚で愛らしいことと、非常に多種でバラエティーに富んでいて、室内で管理するのに適しているので観葉植物として非常に人気があります。観葉植物と言っても、パキラベンジャミンのように大きくなるのではなく、どちらかというとテーブルの上や窓辺のアクセントとして飾る小さなグリーンインテリアと考えてください。品種によっては大きなものもあります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

コショウ科の仲間


コショウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用