ムラサキゴテンの育て方

MENU
TOP>ツユキサ科>ムラサキゴテン
スポンサードリンク

ムラサキゴテン(紫御殿)

ムラサキゴテン
科名ツユキサ科
属名ムラサキツユキサ属
学名Tradescantia pallida
別名紫御殿
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育てるのは簡単です
暑さも強いですし、熱帯地方の植物なのに観葉植物としては耐寒温度は2℃と寒さに強い方です。霜が降りない地域であれば戸外での越冬も可能です。
生育サイクル
春から秋に日光を浴びて非常によく生育します。冬は生育が止まります。宿根草ではないので寒さに当たって地上部が枯れたら復活はありません。
乾燥に強く、根腐れしやすい
葉っぱが多肉植物のようになっていて乾燥に強いです。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいますので、土が濡れている間は水をやらないでください。
生育期間に切り戻し
節で切り戻しをすることで、脇芽が出て、大きく育ちます。春先に形をまとめる目的も兼ねて切り戻しをしましょう。生育期間の間はいつやっても構いません。

水やりと肥料

乾燥に強く、水をやりすぎると根腐れを起こします。
春から秋は土が乾いてから水を
土が濡れている間は水をやらないでください。頻繁に水をやっていると根が腐ってしまいます。乾燥しすぎると葉先から枯れこんできます。枯れこんできてから水をやっても、株が枯れることはありませんので、あせらず水をやってください。
冬は土が乾いてから数日経って
冬はムラサキゴテンの生育も鈍くなり、また気温が低下して蒸発のスピードも下がっていますので、土が乾いてから数日経って水をやるようにします。それが分かりにくい場合は、毎日ムラサキゴテンの鉢を持ち上げて鉢の重さを覚えておきます。そこから鉢内の水分をなんとなくわかるようになっておくと、水切れ・水のやりすぎを防げます。
水は夏でも冬でもやるときは、染みだす位に
冬に水を控えるとか、夏も水をやりすぎると根腐れするとか書きましたが、水をやるときは鉢底からしっかりと染みだす位にやります。水やりを減らすというのは量では無く頻度です。これは他の植物でも同じです。
生育期間に肥料
生育期間に肥料をあげるとよく茂ります。二カ月に一回緩効性肥料をやるか、二週間に一回液肥をやります。どちらにしても肥料をやりすぎると葉色が薄くなりますのでほどほどに。肥料が無いからと言って枯れることはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は市販の花と野菜の土(培養土)に川砂を二割混ぜたものを利用するか、赤玉土腐葉土3川砂2を混ぜたものを利用します。

管理場所・日当たり

年間を通して日光にあてて
年間を通して日光に当ててください。春から秋は戸外で直射日光に当てた方がよく生育しますし、花もよく咲きます。その際にいきなり直射日光に当てるのではなく、日陰⇒半日陰⇒日向へと一週間ずつ慣らして移動させましょう。

その他

ナメクジが発生します。葉っぱにヌメヌメとしたナメクジが這った跡があったら、ナメクジ駆除剤を撒きましょう。

特徴・由来・伝承

葉っぱも茎も濃い紫色をしています。メキシコ原産のツユクサ科の観葉植物。旧学名がセトクレアセアなので、セトクレアセアで流通することがあります。鮮やかな小さな花を毎日咲かせます。葉っぱの深い色とのコントラストが激しく、小さいですが目立つ花です。一日でしぼむ一日花ですが、観賞価値があります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用