ロシアンセージの育て方

MENU
TOP>シソ科>ロシアンセージ
スポンサードリンク

ロシアンセージ(サマーラベンダー・ペロフスキア)

nophoto
科名シソ科
属名ペロフスキア属
学名Perovskia atriplicifolia
別名サマーラベンダー・ペロフスキア
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春から秋に旺盛に茂り、冬になると落葉して冬を越し、また春には芽吹きます。夏の高温多湿には弱いものの、寒さにも強いことから中級者向けの大きく育つハーブです。
花ガラを摘むか、ひと段落したときに切り戻し
花がしぼんだらコマメに摘んであげると次の花が咲きやすくなります。でも花が小さくよく咲くので非常に手間が掛かります。そこで、花が一段落したら、全体を半分ほど切り戻します。切り戻すと脇芽が出てきて全体がコンモリとまとまり、更に株が大きくなります。
ハーブとしては夏越ししやすい部類
ラベンダーの夏越しに失敗した人でもロシアンセージならば……とりあえず切り戻しして風通しよくし、可能ならば半日陰に移動させるか、遮光しましょう。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をしっかりとやります。鉢植えの場合は鉢底から染み出すくらいに水をやってください。ロシアンハーブは乾燥に強く、多湿に弱いです。土がジメジメした状態が長く続くと根腐れを起こします。
冬の水やり
冬は地上部が枯れた状態で越冬します。根は生きていますので、鉢植えにした場合は土が乾いて数日経ったら水をやる程度には水をやってください。そのまま軒下に投げていると枯れてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

痩せ地でも肥沃な土地でも生育しますが、痩せ地の方が花が咲きやすいです。
用土はハーブ用の土を
市販してあるハーブ用の土で植え付けをするか、花と野菜の土(培養土)に川砂を混ぜて水はけをよくしたもので植え付けをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

年間を通して日当たりで
寒さにも強く、寒冷地でなければ戸外で越冬が可能です。南関東では戸外で越冬可能です。またハーブ系の割には夏の暑さにも強いです。とはいえ、平気という訳ではなく、夏はできれば遮光し、切り戻しをします。
夏前に切り戻しを
あまりに暑いとくたびれてしまい、そのまま蒸れて枯れてしまうことがあります。夏前に半分ほど切り戻すことで風通しよくして、夏越ししやすくすると秋にはもう一度咲きます。
冬に落葉したら、切り戻しを
冬に寒さで葉っぱが無くなり、枯れ枝だけになります。これがポキポキと折れやすいので、このままでも構いませんが、地表から三節か四節残して剪定すると春以降に株が大きく育ちます。

特徴・由来・伝承

観賞用ハーブ?です
穂状の青紫の花を咲かせるシソ科のハーブ。しかし香りは決してよいものではありません。あくまで観賞用ハーブです。ラベンダーにも似ていますが、かなり大形で草丈が60センチから1メートルになります。ハーブですがハーブティーといった食用には出来ません。
花も美しいのですが、茎や葉っぱがシルバーでカラーリーフとしても美しいです。夏の暑さに強く、宿根層で毎年咲くのでガーデナーとしては便利なのですが、意外と流通していないので購入するのであればネットで買うのが早いです。
別名サマーラベンダー
ロシアンセージはサマーラベンダーという名前でも流通することがあります。ですが、サマーラベンダーという名前は他の植物の品種名でもよく見かけるので若干ややこしいかも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用