宿根朝顔の育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>宿根朝顔

宿根朝顔

宿根朝顔
科名ヒルガオ科
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

オーシャンブルーラッキーブルー、クリスタルブルー、ケープタウンブルー、琉球朝顔
といった名前で流通しています。
一年目はなかなか咲かない
一年目はなかなか咲きません。実際に咲くのは9月以降くらいのちょっと涼しくなってからです。株がある程度成長しないと花が咲きません。冬は霜に当たると地上部が完全に枯死し、春にはまた芽吹きます。
宿根で来年も芽吹くし、二年目は6月から咲きます
一年目で十分株が生育し、冬を越せれば6月から花が咲きます。育て方は各種とも同じ。
ツル性につき絡むものが必要
グリーンカーテンとしても利用可能。ネットなど絡ませるものが必要です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは通常の植物同様
鉢植え・プランターの場合は土が乾いたら水をやります。庭植えにした場合も完全に乾燥しないように水をやってください。鉢植えならば春と秋は晴れたら毎日、夏は朝夕の二回、冬は土が乾いてから数日経って水をやります。
庭植えした場合は、野ざらしで雨が当たるならば真夏の暑い時期以外は水をやらなくてもスクスク育ちますが、土の水はけや地域によって違いますから宿根朝顔の状況を見て判断してください。

肥料をやりましょう
春から秋に掛けての生育期には一週間に一回は液肥か、一カ月に一回は緩効性肥料をやってください。肥料が無くても育ちますが、あげると尚よく育ち、開花します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は選ばず。市販の花と野菜の土で植え付けをします。ここで大事なのは土よりも、「植える場所」です。日当たりが大事、というのもあるのですが、宿根朝顔は株が大きくなれば毎年咲くありがたい植物。しかし小さな鉢やプランターに植えると咲きづらいです(枯れるわけじゃないし、咲かない訳じゃない)。

株が大きく育てば二年目以降は6月から花が咲き始めます。株が小さいままだと中々花が咲きません。そこで出来れば庭植え推奨。鉢植えにする場合はとにかく大きな鉢で植えます。10号鉢という直径30cmの鉢がありますが、あれよりも大きい方が尚いい。

超注意!庭に植えたら、隣家にも繁殖
宿根朝顔は冬を越し、毎年花を咲かせるもので、暖地では強い雑草です。アサガオが毎年咲く――という意外性から人気がありますが、実はしぶとくて、繁殖力があります。塀の下をくぐって隣の家に伸びるなんてこともあるらしいので、場合によっては引っこ抜く選択も考えておきましょう。

管理場所・日当たり

とにかく日当たりへ
日光を好み、日当たりだと生育して花もよく咲きます。つる性でネットなどに這い上って日当たりへと移動します。

冬は地上部が枯れる
冬は地上部が枯れるものの、枯死していなければ春にはまた芽吹きます。関東南部でも越冬する――という話もありますがなかなか難しい。関西以西の沿岸部・平地ならばほぼ間違いないです。関西沿岸部でも、出来れば冬は霜よけ・寒さ避けとなるものが欲しい。

その他

摘芯はほどほどに
アサガオというと摘芯。一般的なアサガオは摘芯をすればするほどに脇芽が増えて株が大きくなるものなのですが、この宿根朝顔は最初――4月から5月に掛けて――摘芯を何度かしたら、あとは摘芯をしない方が良いです。というのも宿根朝顔はツルの先にだけ花を付ける傾向があって、摘芯をすると開花が遅れて花が少なくなるからです。

特徴・由来・伝承

亜熱帯地方に自生するヒルガオ科のつる性多年草。小学校の夏休みの宿題で植える「アサガオ」とは見た目が同じでも性質が全く違う。通常のアサガオが一年草で秋には枯れてしまうのに対して、霜に当たれば地上部が枯死するものの、そのまま越冬する宿根草。また宿根朝顔は「種子」が出来ず、増やすには挿木と株分けのみ。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用