シルバータイムの育て方

MENU
TOP>シソ科>シルバータイム
スポンサードリンク

シルバータイム

シルバータイム
科名シソ科
属名イブキジャコウソウ属
学名Thymus spp.
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


乾燥に強く、過湿を嫌います。真夏の高温多湿に弱く、夏に蒸れて枯れることもあります。日光を好むものの耐陰性があって、少々日当たりが悪くても問題なく生育しますので、最初から風通しのよい半日陰に植え付けをしましょう。
よく茂りすぎるとムレる
春によく日光を浴びて、生育すると梅雨と夏に株元から蒸れてくることがありますので、梅雨前に刈り込んで起きます。環境が合っていると何もしなくても毎年芽吹くような頑健な植物ですから、それほど気にしなくても。

水やりと肥料

乾燥に強く、多湿に弱いので、水をやり過ぎないようにします。鉢植えの場合は土が乾いて居たら水をしっかりとやります。土が濡れている間は水をやらないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ハーブの専用土
水はけのよい土を好みます。ハーブ用の土がホームセンターなどで売られていますのでコレを利用します。もしくは赤玉土腐葉土3を混ぜた土を使います。
庭に植える場合は苦土石灰
シルバータイムは酸性の土を嫌います。日本の土は徐々に弱酸性になっていきますので、庭植えする二週間前にに苦土石灰を撒いて耕しておき、腐葉土を混ぜます。また水はけが悪いのであれば赤玉土と川砂を混ぜて水はけをよくしておきます。
種子でも苗でも
種子は管理が大変ですし、大量に育てるのでなければ苗を買って植えましょう。広げたいなら挿し木で幾らでも増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光に当てるとよくしげりますが、真夏の高温多湿に弱く、また日光を好むものの耐陰性がありますので、最初から半日陰で育てましょう。

特徴・由来・伝承

シルバータイムはシソ科の白い縁取りが入ったタイムの一種です。育て方はタイムと同じです。香りもよいですが、それ以上にカラーリーフとしても非常に優秀。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用