ソメイヨシノの育て方

MENU
TOP>バラ科>ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(染井吉野)

ソメイヨシノ
科名バラ科
属名サクラ属
学名Prunus × yedoensis
別名染井吉野
みずやり水不要
場所外の日なた
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

寿命が50年とも
数百年も生きる大樹がある中でソメイヨシノはそこまで長生きできないことがデメリットと言われています。数年で花を咲かせるようになり20年から40年の間は花見で見かけるような大樹になるのですが、その後50年か60年で衰えてきて枯れてしまいます。理由はハッキリとはしません。
現在ピンチです
ソメイヨシノの多くは戦争の後に荒地に植えられたものです。この時期に一斉に植えられたものですから、一斉に寿命が来たのです。家電が次々に故障しはじめるのに似ています。
ヤマザクラに接木しています
ヤマザクラの株に接木しています。
剪定に注意!
サクラ折るバカ、ウメ折らぬバカ、というように桜は剪定したり折れたりした切り口から雑菌が入って腐ってしまいやすい樹木です。剪定したり強風で折れるなどしたら、切り口に癒合剤を塗って殺菌後、接ぎ蝋を塗ってください。
スポンサードリンク

水やりと肥料

乾燥に弱く、あまり水はけのよい土だと生育不良を起こします。よく土手に植わっているのはそういう意味もあります。鉢植えの場合は土が乾いて居たら水をやります。庭植えの場合は降雨だけで十分育ちます。
肥料
4月に株の周りに堆肥をあげてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植えるときは大きくなることを計算して
10年か20年内には10メートルほどの高さと周囲になります。もちろん剪定することで抑えられますが、ある程度考えておきましょう。
剪定は若木のうちに
若いうちは非常によく枝分かれします。これを放置しておくと、よく見かけるサクラの木のようになりません。幼木のうちに幹と成る枝を決めてあとは剪定しておきましょう。剪定後は癒合剤を塗って殺菌することを忘れないで下さい。剪定時期は12月から2月。

管理場所・日当たり

日当たりで管理して下さい。日光を好み、日光が少ないと花が咲かなくなります。

その他

天狗巣病
枝の一部が突然花が咲いていない状態になるもの。「まるで天狗が巣をはっているよう」なために天狗巣病と呼ばれます。これは伝染病ですので、早めに切除し焼却します。切ったハサミは熱消毒しましょう。
毛虫――アメリカシロヒトリが大発生します!
オルトラン乳液などで殺虫しましょう。チャドクガに勝るとも劣らないエグイ光景です。予防する方法はありません。対症療法だけです。
病害虫と対応の農薬
アメリカシロヒトリ→ オルトラン水和剤・バシレックス水和剤・ベニカグリーンVスプレー
カイガラムシ→ STアクテリック乳剤
ケムシ→ 園芸用キンチョールE
モンクロシャチホコ→ オルトラン水和剤・バシレックス水和剤
うどんこ病→ トップジンM水和剤
ごま色斑点病→ トップジンM水和剤
炭そ病→ トップジンM水和剤
テング巣病→ トップジンMペースト
輪紋葉枯病→ トップジンM水和剤

特徴・由来・伝承


バラ科サクラ属の園芸品種。現在ではサクラというとソメイヨシノ(染井吉野)をさすといっても間違いではないほど。
江戸時代から明治にかけて染井村の造園士や植木職人のよって育成された園芸品種。最初はヤマザクラの一種として流通していましたが、調査の結果ヤマザクラとは別種と判明。サクラの名所吉野山にちなんで「吉野桜」と呼んでいましたが、吉野桜というヤマザクラがあったので、分けるために「染井」を合わせて「染井吉野」と呼ばれるようになりました。
彼岸の時期に葉より先に花を咲かせるエドヒガン系と、葉とともに花を咲かせる花が大きなオオシマザクラを交配させたもの。そのためにソメイヨシノは春になるといきなり花が咲き、しかも花が大きいです。ソメイヨシノが人為的に作られたのか自然交配によって生まれたのかははっきりしない。
ソメイヨシノは全て接木
ソメイヨシノから種子が出来ることはほとんどなく、まれに種子が出来ることがあっても、発芽することがありません。ただしソメイヨシノと別の品種は交配可能で新しいソメイヨシノ系品種を生み出す試みは過去にあったし、今もあるらしいです。
全てのサクラが一斉に散る理由
ソメイヨシノに種子が出来ないために、日本中にあるソメイヨシノの全てが数本の原木から栄養繁殖したもの。つまりほとんど全てのサクラは同じDNAを持っています。これがサクラが一斉に咲き、散る理由とされています。同時にサクラは同じDNAであるために、一種の病害虫にやられやすいです。
日本中にソメイヨシノがある理由
ソメイヨシノは生長が早く、若木のうちから花を付けるために喜ばれ庭に植えられました。また第二次世界大戦で荒れた日本の国土に非常によく植えられました。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用