オレンジミントの育て方

MENU
TOP>シソ科>オレンジミント
スポンサードリンク

オレンジミント

オレンジミント
科名シソ科
学名Mentha
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

オレンジの香りがするミントです。育て方はミントと同じですが、若干夏の暑さに弱く、また冬の寒さにも弱いです。ミント同様にコンパニオンプランツとしてアブラムシ避けにもなります。
庭植えはよく考えて!広がりすぎないように注意!
オンレンジミントは地下茎でも増えますし、こぼれダネでも増えます。そのままにしておくとドンドンと生育・繁殖して、他の植物のテリトリーへ侵食、日光と栄養を奪って枯らせるほどです。雑草です。庭植えはオススメしません。庭植えする場合は土中にブロックを埋めて広がりを抑制するなどします。根は浅いのでブロックで十分抑えられます。また引っこ抜けば駆除は可能です。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります
乾燥に弱く、水切れさせないように水をやりますが、かといって水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。水やりの基本はあくまで土が乾いてから。水はけのよい土に植えるので、鉢植えだと真夏は非常に水が切れやすいので気を付けてください。
冬も忘れずに水を
冬は地上部が枯死するので忘れてしまいそうですが、水をやらないと地下茎まで枯れてしまいます。完全に乾燥させないように、たまに水をやってください。
肥料は少なめに
オレンジミントは肥料が多いと香りが薄くなってしまいます。しかし肥料があると生育がよくなりますので、芽吹く春に薄い肥料をやって以降は肥料を控えるなどしましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で
市販のハーブ用の土で植え付けるか、市販の花と野菜の培養土で植え付けをします。乾燥を嫌い、少し湿った環境を好みますが、過湿になると根が腐ったり、葉っぱが蒸れて枯れてしまうこともあります。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。
真夏の直射日光に葉焼けするなら
真夏の直射日光に葉焼けするようならば、夏は半日陰に移動させます。
夏の多湿・過湿・蒸れに注意
また夏に蒸れて枯れてしまうことが多いので、夏前か梅雨前に収穫を兼ねて、半分ほど刈り込んで風通しをよくしておきましょう。また枯れた葉っぱや腐った葉っぱがあればマメに摘んでください。腐った個所から病気が広がるなどします。
冬は軒下へ
冬になると地上部が落葉し、根で越冬する宿根草です。そのまま戸外に放置して置いてもよいですが、霜が降りる地域であれば軒下に移動させておきます。庭植えにした場合は、土の上にワラや腐葉土を掛けて防寒しておきましょう。
スポンサードリンク

その他

水耕栽培?
オレンジミントは頑健で水に浸けていると発根します。このままコップなどに入れて水耕栽培ということも可能ですが、水耕栽培すると香りが鈍くなり、オレンジミントのメリットを生かせません。是非土に植えてください。

特徴・由来・伝承

オレンジの香りがするハーブ。シソ科で多年草です。ハーブティーにしたり、スイーツに添えるなどして香りを楽しみます。アイスクリームの上に葉っぱを一枚のせるだけでちょっと得した気分を味わえます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用