アルテシーマ・バリエガータの育て方

MENU
TOP>クワ科>アルテシーマ・バリエガータ
スポンサードリンク

アルテシーマ・バリエガータ

アルテシーマ・バリエガータ
科名クワ科
属名フィカス属
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

フィカス・アルテシマ・バリエガタという名前で流通しています。バリエガタ(バリエガータ)というのは斑入り種によくつく名前です。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。土が濡れている間は水をやらないようにします。水をやりすぎると根腐れして枯れてしまいます。
鉢を持ち上げて、重さを覚える
あまり大きな鉢だと難しいですが、小さな鉢ならばちょくちょく持ち上げて、重さを覚えてください。持ち上げただけで大体の含んだ水の量が分かるようになると、水やりで失敗が無くなります。
年間を通じて葉水
冬は土に水を控えないといけないのですが、空気が乾燥していて、土が濡れているのに葉っぱがカサカサということも。そこで土への水やりはそこそこにして葉っぱには霧吹きを掛けてあげます。葉水はコナジラミハダニの予防にもなります。
また元々空気中の湿度が高い地域の植物で春から秋にかけて葉っぱに葉水をするとよく生育します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

二年か三年に一回は植え替えをします。鉢底から根が出ているなら植え替えをしてください。
用土観葉植物の土で
培養土には腐葉土が入っています。腐葉土は室内で管理すると匂いがします。観葉植物の土には腐葉土が入っていませんので、これで植え替えをします。出来ればこの観葉植物の土に赤玉土を4割でも混ぜると尚良いです。

管理場所・日当たり

冬は5度以上
冬は室内で管理します。霜に当たると枯れてしまいます。室内の日当たりで管理します。
春から秋は出来れば戸外で
一年中室内で管理していると日光不足になり、株が弱ってしまいますので、出来るだけ春から秋は戸外で管理すると株が元気になって冬越しが容易になります。
日光に当てると、斑が鮮やかになる
強い日光を好みます。日光を浴びると葉っぱの色が鮮やかになります。冬の間、室内で管理していると株が弱ってしまいます。春になり気温が20度以上になってきたら戸外へと出すのですが、いきなりだすと日光に負けて葉焼けすることがあります。まずは日陰、半日陰で一週間ほど置いておいてから日向に出してください。
真夏の直射日光に当たるとたまに葉焼けすることがあります。その時は半日陰に移動してください。
スポンサードリンク

その他

ハダニ・コナジラミが発生します。どちらも葉水で予防出来ますので、霧吹きで水をやってください。

特徴・由来・伝承


クワ科フィカス属のインド・東南アジア付近自生の植物。日本では観葉植物として観賞しますが、自生地では30メートルにもなる大きな樹木になります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

クワ科の仲間


クワ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用