ナルコユリの育て方

MENU
TOP>ユリ科>ナルコユリ
スポンサードリンク

ナルコユリ

ナルコユリ
科名ユリ科
属名アマドコロ属
学名Polygonatum falcatum
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

横へと広がるグランドカバー
春には白い花を咲かせ、葉っぱは斑入り。頑健で手間が掛からない優秀なグランドカバー。冬は地上部が枯れますが春にはまた芽吹きます。
ナルコユリかアマドコロか?
茎を触ったときにツルツルしているのがナルコユリで、引っ掛かりがあるのがアマドコロとか、茎の形が違う、とかサイトには書いてありますが、アマドコロも流通上は「ナルコユリ」で販売していることが多く、ガーデニング上は境目が曖昧です(イイこととは言えませんが)。育て方はどちらも同じです。アマドコロの方が頑健です。

水やりと肥料

庭植えにしたら
ナルコユリは根が深く伸びる植物ですので、一旦根付いてしまえば、降雨だけで大丈夫です。ただし真夏にあまりに日照りが続くようであれば水をやってください。
鉢植えなら
鉢植えにした場合は、土が乾いて居たら水をやってください。土が濡れている間は水をやらないでください。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の花と野菜の土(培養土)で植え付けをします。
庭植えの場合は、前もって腐葉土を混ぜ込んでおきます。よほど水はけが悪いならば、川砂を混ぜます。ナルコユリは根が深く伸びるので庭上する場合は、深く耕しておきましょう。

管理場所・日当たり

半日陰や明るい日陰を好みます。本来は日当たりを好みますが、真夏の極端な乾燥で枯れたりや強い直射日光で葉焼けするので、植えるならば半日陰が適しています。

特徴・由来・伝承

ナルコユリはユリ科の多年草。地下茎で横へと増えていきます。白い線が葉っぱに入っていて、斑入りアマドコロという呼ばれ方もします。アマドコロとよく似ていて、育て方も同じです。違いは茎にあります。半日陰で育つのでシェードガーデンでも利用されます。カラーリーフで草丈が40センチ程度とグランドカバーにも適しています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用