プスキニアの育て方

MENU
TOP>ユリ科>プスキニア
スポンサードリンク

プスキニア(プシュキニア)

nophoto
科名ユリ科
属名プシキニア属
学名Puschkinia Libanotica
別名プシュキニア
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

生育サイクル
秋に植え付け、冬を越して春になると葉が出てきます。夏までには葉っぱも枯れて休眠状態になります。夏も植えっぱなしです。何年かに一回は梅雨後に掘り起こして、秋に株分けを兼ねて植え替えをします。クロッカスの次に花が咲きます。
ちょっと地味かな~
草丈が低く、ほかの園芸植物に比べると地味。でも植えっぱなしOKで、毎年早春に花を咲かせるのは魅力的。

水やりと肥料

土が乾いたら…という普通の水やり
球根植物で乾燥に強く、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。土が濡れているうちは水をやらないようにします。
夏は水をやらない
開花後葉っぱが枯れて休眠に入ったら、水をやらないでください。この時期は休眠していて水をやると過湿で腐ってしまいます。
肥料
芽を出してから花が終わって、葉っぱが枯れてしまうまで、二週間に一回程度肥料をやってください。翌年の花つきに影響します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

群生させましょう
株の一つ一つが小さいので、株間を短くして群生させます。増えることを計算に入れても数センチ間隔にしておきます。その方が開花したときに存在感があります。
植え付けは寒くなってから
高温に弱いので、球根を植えるのは涼しくなってからにします。用土は市販の花と野菜の土か、これに川砂やパーライトを混ぜたもの。球根は4号鉢に5個か6個くらい植えます。
庭植えにする場合は、植え付けの一週間前に苦土石灰を混ぜて中和しておき、堆肥を混ぜます。水はけが悪い土なら川砂を混ぜたり腐葉土を混ぜるなどします。
球根が隠れるくらい
球根は球根が隠れる程度の深さにします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりで
寒さには強いので防寒は必要ありません。日当たりで管理してください。夏は出来るならば涼しいところで管理します。

その他

花が倒れる
花茎に対して花が多く、倒れやすいです。竹ひごで補強したり市中を立ててやると花を長く楽しめますが、面倒なのでそのままです。

特徴・由来・伝承

プスキニアはコーカサスに自生する。ユリ科(ヒヤシンス科)の球根植物。花はヒヤシンスのようです。クロッカスのように草丈が低く、ニョキニョキと生えてきます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用