コラム(花・園芸・植物園のコラム)

MENU

コラム「深く掘り下げることがビジネスにつながる」

[ビジネスの深化と一般化] 江戸時代の末、明治が始まろうかという時期に日本にやってきた西洋の文化人は日本の庶民が鉢植えを楽しんでいるのを見て、驚きまし…
全文はこちらから…

更新されたコラム

ホームセンターのガーデニング販売についての3ページ
ガーデニング担当者に教育費用を投じて利益につながるか?
ホームセンターのガーデニング販売についての2ページ
専門家は蓄積された知識の持ち主で時間が必要
ホームセンターのガーデニング販売についての1ページ
ホームセンターは専門化するべきか???
広島市植物園に行って来ましたの4ページ
広島市植物園にクレオメが咲いてました(7月)
広島市植物園に行って来ましたの3ページ
広島市植物園は広いな~
広島市植物園に行って来ましたの2ページ
広島市植物園の入り口へ
広島市植物園に行って来ましたの1ページ
広島市植物園は車で行くだけで駐車料金を取られます
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の28ページ
2013年3月31日に閉店しました
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の27ページ
JFTD(花キューピット)の失策は?
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の26ページ
花の需要がゼロになるわけではない――は零細店には無意味
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の25ページ
地方花市場が取るべき数少ない戦略
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の24ページ
それでも花の流通量と売り上げが変わらない理由
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の23ページ
花屋は非情な守銭奴か? 生産者がネットに走る別の理由
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の22ページ
生産者のネットショップ参入の影響
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の21ページ
地方生花店のネットショップの条件
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の20ページ
巨大化するしかない花店の事情
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の19ページ
花屋にとって花市場は神様です
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の18ページ
花市場が消える可能性と、花市場が無い国
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の17ページ
ヨーロッパと日本の花の価値、それぞれ
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の16ページ
花屋はサービス意識が低いという指摘
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の15ページ
花屋は儲からないからこそ、維持できた
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の14ページ
花市場の相対取引が産んだもの
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の13ページ
縮小する花市場――花鉢の市場外流通
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の12ページ
優秀な生産者を取り合う理由
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の11ページ
花市場間の競争
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の10ページ
生花店の巨大化と花市場の変化
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の9ページ
外国産生花と季節感
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の8ページ
外国産生花の高品質化の影響
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の7ページ
生け花と季節感と零細花屋の関係
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の6ページ
生花業界はスケールメリットが利かない
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の5ページ
生け花の可能性、内観と哲学
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の4ページ
生け花の衰退について
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の3ページ
生け花と生花業界の関係
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の2ページ
花屋には季節感が必要
2012年頃の生花・花屋業界の状況・展望の1ページ
日本の生花の需要の特殊性

このサイトについて

column.sodatekata.netはコラムページです

このサイトはsodatekata.netのコラムページを分離独立させたものです。 コラムページは花に関すること以外についても書いてあり、分離させるべきと判断しました。