プランターで野菜

MENU
使い方 TOP
雑学>プランターで野菜

ベランダにプランター

ベランダにプランター
この項目の修正・提案をする
移動できる利点
マンション暮らしでベランダ菜園しか――と思ってる人もいますが、庭があったから菜園がうまくいくわけじゃないです。特に台風が来ると、せっかく育てた野菜が倒れたり、落果したりして、結局強風対策に移動できるプランターで育てている庭持ちさんは多いです。
土は必ず新しく
参考:必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)
プランターは水切れ注意
プランターは便利なもの。ですが、夏にプランターをアスファルトやコンクリの植えにおいていると照り返しで葉が痛み、高温で乾燥し、水切れが起き易い。そういうときは、素直に移動させてしまいましょう。
スポンサードリンク

よく育てられる野菜一覧

この項目の修正・提案をする
ハーブ類、トウガラシ、ショウガミョウガトマトミニトマトキュウリゴーヤ、スイカ、ヒョウタン、メロン、オクラモロヘイヤエダマメ(大豆)、トウモロコシイチゴブルーベリーシソキャベツ、ニラ、レタス、ミツバ空芯菜(クウシンサイ)、ギョウジャニンニクホウレンソウ、ニンジン、サツマイモジャガイモ、ネギ、タマネギ、アスパラガスベビーリーフフェイジョア、歩ポー、イタリアンパセリ、二十日大根ラディッシュ)、タイニーシュシュ

日当たり

この項目の修正・提案をする
ニラ、万能ネギ、ジャガイモ、シソ、パセリ、ミツバ、ミニトマト

やっぱり日当たりが大事
日当たりと風通しが大事です。詳細は各解説ページを参考にしてください。

半日陰でも

この項目の修正・提案をする
ネギ、ニラ、バジル、シソ、小松菜ミント、パセリ、春菊、ワケギ、アサツキ、ミョウガ
葉もの野菜は半日陰
全体的に葉っぱを食べるものは、日当たりがいいと、葉脈が硬くなって筋張って美味しくない。半日陰か、日当たりにおいて、何かで遮光(グリーンカーテンか、本物のカーテンか)すると、やわらかくて美味しくなります。

ネギは半日陰のほうが柔らかいですが、湿度に弱いので、風通しがよくないとカビて枯れます。
●ミツバは日陰でも育つ
●収穫を考えず、グリーンカーテン目的ならゴーヤも半日陰で育つ

雑記

この項目の修正・提案をする
●プランターをベランダの地べたに直置きすると、隙間に「虫」「ナメクジ」が住みます。植物にとっても悪いですし、食べ物の近くに虫が居るのはやっぱり――プランターと地べたの間にレンガやブロックで隙間をつくることで防げます。
●ベランダのプランターは、一旦虫が発生すると独壇場となって、一種の虫にやられやすい。
●ダイソーの種子でも育つことは育つ。ただ細かったり、なんか変。
●タイニーシュシュ(白菜)は密に植えると競って生長するので、収穫も早くなる。つまり花壇よりプランター向き。
●不要になったプランターは不燃ゴミか粗大ゴミの日に捨てます。なので、対応したゴミの日にゴミステーションに行くと、捨てられていることがあります。拾っていいかどうかは、条例を調べてください。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用