ドウダンツツジの種類と違い

TOP > キク科 > 皇帝ダリア > 雑記 > 更新日

ドウダンツツジの種類と違い

ドウダンツツジの種類と違い
文章の修正ドウダンツツジには種類が何種がありまして、一般的な「ドウダンツツジ」は暑さに強く、関東以西でも戸外でちゃんと育つのですが、サラサドウダンツツジなどは夏の暑さに弱く、同じ関東以西では夏に枯れたり、夏に徐々に弱ってしまいます。
まとめ
●ドウダンツツジは白い花が咲き、夏の暑さに強い。
●サラサドウダンはピンクがかった花が咲き、夏の暑さに弱い(寒冷地向き)。
●サラサドウダンには真っ赤な「ベニサラサドウダン」と、真っ白な「シロバナフウリンツツジ」もある。これらも夏の暑さに弱い。
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

ドウダンツツジ

文章の修正灯台躑躅(ドウダンツツジ)
学名Enkianthus perulatus
俗に流通している「ドウダンツツジ」。真っ白い花が咲く。元々は野生のドウダンツツジの中から葉っぱの細いものを選抜した結果がこのドウダンツツジ。山にある「ドウダンツツジ」は流通している苗より葉っぱが大きいのはそのため。夏の暑さに比較的強く、関東以西の平地の戸外でしっかりと育ちます。枝が密生する。

サラサドウダンツツジ系

サラサドウダンツツジ系
文章の修正更紗灯台躑躅(サラサドウダンツツジ)
学名Enkianthus campanulatus
別名フウリンツツジ。ピンクがかった花が咲くドウダンツツジで、割と流通しているんですが、俗にいう「ドウダンツツジ」とは性質が違っていて、夏の暑さに弱い。ドウダンツツジは関東より西の平地でも戸外で生育するが、サラサドウダンは北海道や東北、本州の山間部で生育します。つまり夏に涼しい地域じゃないとダメ。暑い地域だと夏場に弱って行きます。

紅更紗灯台躑躅(ベニサラサドウダンツツジ)
学名Enkianthus campanulatus var. polibinii
「サラサドウダンツツジ」の変種。花が真っ赤。鑑賞価値が高い。性質は「サラサドウダンツツジ」と同じで、夏の暑さに若干弱い。

海南更紗灯台躑躅(カイナンサラサドウダンツツジ)
学名Enkianthus sikokianus
ベニサラサほどじゃないですが赤い。愛知県、三重県、和歌山県、四国の太平洋側に分布する。海南ってのは南に分布しているからでしょうね。流通はほとんどしていない。

白花風鈴躑躅(シロバナフウリンツツジ)
学名Enkianthus campanulatus from albiflorus
サラサドウダンツツジの園芸品種。真っ白な花が咲きます。当然ながら暑さに若干弱い。ぱっと見には普通のドウダンツツジと同じに見える。

その他のドウダンツツジ

文章の修正広葉灯台躑躅(ヒロハドウダンツツジ)
学名Enkianthus perulatus from japonicus
花が白く、通常の「ドウダンツツジ」より葉っぱが大きい。野生の日本固有種のドウダンツツジ。山にあるのはこれ。

油躑躅(アブラツツジ)
学名Enkianthus subsessilis
葉っぱが油を塗ってあるようにテカテカしたツツジ。花は白い。本州の中北部の山に自生する。

関係記事・人気記事

皇帝ダリア

皇帝ダリア皇帝ダリア
キク科
(ダリア属)

皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法

皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法皇帝ダリアを低く育てるための摘芯の方法
雑記

皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)

皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)皇帝ダリアの支柱の立て方(台風・強風対策)
雑記

シソ(大葉)の水耕栽培の方法まとめ(ペットボトルで水耕栽培)

シソ(大葉)の水耕栽培の方法まとめ(ペットボトルで水耕栽培)シソ(大葉)の水耕栽培の方法まとめ(ペットボトルで水耕栽培)
雑記
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用