クレマチスの育て方

TOP > キンポウゲ科 > 更新日

クレマチス

クレマチス
科名キンポウゲ科
属名センニンソウ属
学名Clematis
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

クレマチスの育て方

クレマチスの育て方
文章の修正クレマチスはキンポウゲ科のツル植物。頑健な植物で栽培は簡単。クレマチスには新枝咲・旧枝咲・新旧枝咲と種類があり、剪定にミスると開花しなくなるので、品種(系統)を忘れないようにする。品種が分からなくなる必ずラベルは取っておく。品種・花色が多く、マニアもたくさんいる。高山性クレマチスはかなり性質が違い、枯れやすいので初心者ホームセンターでよく出回っている育てやすい品種(パテンス系・フロリダ系・ビチセラ系・インテグリフォリア系)を買って植える。
まとめ
●育てるのは簡単だが、剪定次第では開花しないこともある。
●庭植えでも鉢植えでも育てられるが、庭植えにすると繁殖しすぎて困るかもしれない。
●庭植えにすると自然雨でほぼ大丈夫。
●鉢植えなら土が乾いたら水をやる。
肥料喰いで、肥料を欲しがる。芽を出す頃から開花まではしっかりと肥料をやる。
●日当たりで育てる。
●剪定が大事。よく分からない場合は新枝咲き品種がいいです。

参考リンクこのページは簡略な育て方にしています。より詳細な育て方は以下のリンクを参考に。
クレマチスの育て方(詳細解説版)
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

水やり

文章の修正庭植えの水やり
自然に降る雨だけで十分。ただし夏の乾燥する時期は庭植えでも水をやる。新芽が出る時期(3月4月)から開花するまでに水が不足すると花が減るので、この時期はしっかりと水をやる。
鉢植えの水やり
土が乾いたら水をやる。春・秋は晴れた日は毎日。夏は晴れた日は朝夕2回の水やりを、冬は土が乾いていたら水をやる程度に抑える。

肥料

文章の修正肥料喰いです
芽が出始め、開花するまでの3月から5月は肥料をやる。1ヶ月に一回緩効性肥料をやるか、1週間に一回液体肥料をやる。その後も開花する四季咲きタイプのクレマチスは肥料を継続する。クレマチスは非常に肥料を欲しがり、肥料が不足すると花が減る。

植え替え・植え付け

文章の修正植え替え・植え付け時期
クレマチスが活動を止める2月に植え付け・植え替えをする。この時期であれば根をいじってもいい。他の時期に植え替える場合は、土をいじらないで植え替えるが、それでも枯れることがあるので2月に植え付け・植え替えをする。鉢植えは根詰まりを避けるために2年に一回植え替える。
用土
市販の培養土か、クレマチスの専用土か、自作する場合は赤玉土(小粒)5腐葉土3パーライト2に化成肥料を混ぜたものを使う。高山性クレマチスは山野草の土で植える。
鉢植えの手順
できるだけ大きな鉢に植え付ける。直径30cmでできるだけ深い鉢に植える。鉢底に軽石を入れ、2月であれば古い土を3分の1ほど落として、新しい土を追加して植え替える。
庭植えの手順
庭土に堆肥(牛糞堆肥など)を元の土に対して2割か3割ほど入れて、よく混ぜてから用土として植え付ける。移植はできないので植える場所をよく考える。

管理場所

文章の修正日当たりがいいが…
日当たりのよい場所で栽培する。半日陰でも枯れないが、開花が鈍くなる。寒さには強くマイナス10度まで耐える。

病害虫

文章の修正立ち枯れ病、アザミウマ(スリップス)、ハダニアブラムシウドンコ病、エカキムシ、ナメクジなど。

剪定・切り戻し

文章の修正クレマチスの栽培の要となり、剪定をミスると開花しないこともあるので、以下の剪定についてある程度理解してから植えるようにしましょう。
剪定の概要はクレマチスの剪定のまとめにまとめています。
新枝咲きクレマチスの剪定
旧枝咲きクレマチスの剪定
新旧両枝咲きクレマチスの剪定

関係記事・人気記事

クレマチスの育て方(詳細解説版)

クレマチスの育て方(詳細解説版)クレマチスの育て方(詳細解説版)
キンポウゲ科
(センニンソウ属)

新枝咲きクレマチスの剪定

新枝咲きクレマチスの剪定新枝咲きクレマチスの剪定
クレマチスの管理

10月のクレマチスの栽培・管理

10月のクレマチスの栽培・管理10月のクレマチスの栽培・管理
クレマチスの管理

旧枝咲きクレマチスの剪定

旧枝咲きクレマチスの剪定旧枝咲きクレマチスの剪定
クレマチスの管理
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用