シクラメンの育て方

TOP > サクラソウ科 > 更新日

シクラメン(カガリビバナ・ブタノマンジュウ)

シクラメン
科名サクラソウ科
属名シクラメン属
学名Cyclamen
別名カガリビバナ・ブタノマンジュウ
みずやり水を好む
場所室内
難易度中級者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

シクラメンの育て方

シクラメンの育て方
文章の修正シクラメンはサクラソウ科の多年草球根植物)。冬に流通し、管理さえ良ければ春まで開花する。雨季と乾季のある地域の植物で、雨の降る涼しい時期に開花し、乾燥する夏に休眠するのだけど、日本の気候はシクラメンの自生地とは真反対の気候なため、継続して栽培するのは結構難しい。なので、来年も咲かせようと考えず、春まで楽しんで廃棄する気持ちでいると非常に気が楽。
まとめ
●底面吸水の鉢なら鉢底に水をためて、切らさないようにする。
●秋から春は5度〜15度で管理する。
●開花している間は液体肥料をやる。
●できれば日光に当てる。
●春以降も栽培して夏越しさせて翌年も開花させるのは難しいので初心者は、まずは春まで花を楽しむのを目標とする。

参考リンク継続して来年も咲かせたり、花を長持ちさせるコツ。月別の育て方のリンクなどの詳細は以下を参考にしてください。
シクラメンの育て方(詳細解説版)
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

水やり

文章の修正シクラメンの鉢の底には大抵は穴が空いていて、水がためられるようになっている「底面吸水タイプ」の鉢になっていますので、ここにずっと水が溜まっているようにします。夏以降は休眠しますので水やりは止めます。

肥料

文章の修正開花している間(9月〜3月)は2週間に一回は液体肥料をやる。肥料が切れると開花が止まるので、肥料が切れないようにする。固形肥料をやった場合は、底面吸水ではなく、土へ水やりする。

植え替え・植え付け

文章の修正春以降に休眠し、夏越しして、8月9月に休眠から目を覚ます頃に植え替えをします。

管理場所

文章の修正秋から春までの管理場所
5度以上15度以下の環境で管理する。室内の日当たりで管理するのが良い。暖房のかかっている部屋では暑さでグッタリするので、涼しいところで管理する。春以降の管理についてはシクラメンの休眠のやり方シクラメンの夏越し、来年も咲かせるコツなどを参考に。

病害虫

文章の修正ハダニアブラムシ・灰色カビ病など

花ガラ摘み

文章の修正しぼんだ花を摘む
花が萎んだものを「花ガラ」と呼びます。花がしぼんだら種子を作ろうとして、株が弱るので、早めに花は摘んでしまいます。花ガラを摘むときはハサミで切らないで、茎をひねってください。ハサミできると茎が残ってそこが腐って病気の元になります。

関係記事・人気記事

シクラメンの育て方(詳細解説版)

シクラメンの育て方(詳細解説版)シクラメンの育て方(詳細解説版)
サクラソウ科
(シクラメン属)

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンガーデンシクラメン
サクラソウ科
(シクラメン属)

シクラメンの休眠のやり方

シクラメンの休眠のやり方シクラメンの休眠のやり方
シクラメンの管理

シクラメンの種子…丸い玉状のものが出来たらそれは種子です

シクラメンの種子…丸い玉状のものが出来たらそれは種子ですシクラメンの種子…丸い玉状のものが出来たらそれは種子です
シクラメンの管理
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用