ビオラの育て方

TOP > スミレ科 > 更新日

ビオラ

ビオラ
科名スミレ科
属名スミレ属
学名Viola
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
画像の投稿
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料

ビオラの育て方

ビオラの育て方
文章の修正ビオラは品種改良が盛んで、色・形状・花の大きさ・広がりなどで改良が進んでいます。開花時期が長く、また他の花があまり咲いていない時期に開花するんですが、冬中、ワンワンと開花し続けるのではなくて、ビオラの開花の本番は春以降。ガーデニング熟練者ほどオーソドックスで手間がかからないビオラをよく利用する。パンジーとビオラの境目はほとんどない。
まとめ
●ビオラはスミレ科の一年草
●庭植えは自然雨だけで大丈夫だが、3月以降は水やりが必要になる。
●鉢植えの場合は土が乾いたら水をやる。
●冬の植物にしては水を必要とする。
●3月以降は水を欲しがる。
●開花している間は肥料をやる。
花ガラ(花がしぼんだもの)を摘む。
●日当たりで管理する。
●霜に当たると縮むが枯れない。

参考リンクかなり詳細なビオラの育て方は以下のリンクを参考にしてください(このページは初心者向けに簡単にしてます)。
ビオラの育て方(詳細解説版)
スポンサーリンク

全てのテキストを開けたり閉じたりできます

 

水やり

文章の修正庭植えの水やり
庭植えの場合は、自然に降る雨だけでほぼ大丈夫ですが、3月以降に気温が上昇すると生育がよくなり、庭植えでも水をやらないと水切れする。
鉢植えの水やり
土が乾いていたら水をやる。水をやるときは鉢底から水が出てくるまでやる。ビオラは冬でも根を広げ、そこそこ生育するので水を必要とする。特に3月以降は生育して水切れしやすいので注意する。

肥料

文章の修正開花する10月から3月は緩効性固形肥料を1ヶ月に一回やるか、液体肥料を2週間に一回液体肥料やる。肥料が切れると花が止まる。

植え替え・植え付け

文章の修正植え付け時期
霜が降りる直前あたりの10月に植える。2月に植えても春に開花するが、10月に植えた方が株が大きく育って花も増える。
用土
一般的な培養土を用土とする。
庭植えにする場合は、元の庭土に腐葉土を2割ほど足して用土とする。
鉢植えの手順
横長プランターなら三つ。6号鉢に苗一つか、10号鉢に苗三つくらいを目安に植え付ける。
庭植えの手順
株同士を20cmほど空けて植える。

管理場所

文章の修正日当たりで育てる
日光に当てると開花が多いし、健康に育って病気にもなりにくい。
霜にあたると枯れないが縮まらない。できれば霜に当てない方がいいが、枯れるわけではないので気にしない。

病害虫

文章の修正カイガラムシナメクジ・ヨトウムシ・灰色カビ病・コガネムシの幼虫など

剪定・切り戻し・花ガラ摘み

文章の修正剪定切り戻し
切り戻すことで花芽が増え、3月以降は蒸れを防いで長く咲かせることができる。冬に花芽を落とさないように摘芯(切り戻し)をして、3月以降は切り戻して蒸れを防ぐ。

花ガラ摘み
花がしぼんだものを「花ガラ」といい、花ガラを摘むと次の花が咲きやすくなります。花ガラをこまめに摘むようになったらガーデニング初心者卒業です。

関係記事・人気記事

パンジーの育て方(詳細解説版)

パンジーの育て方(詳細解説版)パンジーの育て方(詳細解説版)
スミレ科
(スミレ属)

ビオラ・パンジーの夏越しのコツ

ビオラ・パンジーの夏越しのコツビオラ・パンジーの夏越しのコツ
ビオラ・パンジーの管理

よく咲くスミレ

よく咲くスミレよく咲くスミレ
スミレ科
(スミレ属)

ナチュレ

ナチュレナチュレ
スミレ科
(スミレ属)
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用