キンモクセイとギンモクセイの違いと、モクセイの仲間

TOP >雑記>>管理

目次

  1. キンモクセイとギンモクセイの違いと、モクセイの仲間
  2. ギンモクセイ(銀木犀)
  3. キンモクセイ(金木犀)
  4. ヒイラギモクセイ(柊木犀)
  5. ウスギモクセイ(薄黄木犀)
  6. シマモクセイ(島木犀)
  7. 最後に…
  8. SNSボタン・関連記事

キンモクセイとギンモクセイの違いと、モクセイの仲間

キンモクセイとギンモクセイの違いと、モクセイの仲間
文章の修正よくトイレの近くに植えられているのが黄色い花のキンモクセイで、このキンモクセイはそもそも白い花のギンモクセイの変種です。このモクセイの仲間はみな、秋に開花し、雌雄異株で、基本的に日本に植えられているのは、雄花で花は咲きますが種子はできません。

雌木は植物園に行かないと見られません。

キンモクセイを含むモクセイの種って中国由来で、ほぼほぼ雄木しか日本国内にはないんです。強い香りを放ち、大量に開花するんですが、日本には雌木がないため、決して受粉することがないと考えると、必死に咲く姿は本当に物悲しいものがありますよね。
スポンサーリンク

ギンモクセイ(銀木犀)

ギンモクセイ(銀木犀)
文章の修正ギンモクセイ(銀木犀・Osmanthus fragrans)はモクセイ科モクセイ属の常緑樹。本州(東北・関東を含む)・四国・九州で見られる。花は白で、香りがある。香りはキンモクセイには劣るが、キンモクセイの香りが強過ぎると思うなら、ギンモクセイの方が適している。雌雄異株で雄木しかないため、結実することはないです。

耐寒温度はマイナス10度で寒さにはそこそこ強い。

木犀と書くと本来はギンモクセイのことを指すが、キンモクセイ(金木犀)の方がよく見られるので、キンモクセイが「木犀」扱いされることが多い、かも。

葉っぱをよくよく見ると葉の縁に「トゲ」が見られ、ちょっと痛い。キンモクセイに比べるとちょっと葉が細い。
ギンモクセイ
モクセイ科モクセイ属Osmanthus fragrans

シキザキモクセイ(四季咲き木犀)

文章の修正シキザキモクセイはギンモクセイの四季咲き品種。白い花が冬以外に開花する。花数は少なく、香りもちょい弱いが、頑健で四季咲きなのはすごい。樹高は1.5m前後と小さくまとまるのも嬉しい。
シキザキモクセイの購入はこちらから
Amazon
楽天市場

キンモクセイ(金木犀)

キンモクセイ(金木犀)
文章の修正キンモクセイ(金木犀・Osmanthus fragrans var. aurantiacus)はモクセイ科モクセイ属の常緑樹で、ギンモクセイの変種とされています。関東以西・四国・九州で見られます。秋になるとびっしりと大量に黄色の花が咲き、非常に強い芳香があります。耐寒温度はマイナス10度で、寒さには強い。雌雄異株で雄木しかないため、結実することはないです。

花が咲いてしまえば花が黄色いので、すぐにキンモクセイと分かります。

葉っぱはギンモクセイに比べると少し波打っています。葉っぱの縁に若干のトゲがありますが、痛いというほどではない程度。
キンモクセイ
モクセイ科モクセイ属Osmanthus fragrans var. aurantiacus

ヒイラギモクセイ(柊木犀)

ヒイラギモクセイ(柊木犀)
文章の修正ヒイラギモクセイ(Osmanthus × fortunei)はギンモクセイとヒイラギの交配種。葉っぱにトゲがあり、触れると痛い。花はギンモクセイと同じ白で、香りがありますが、ギンモクセイより香りは弱い。トゲがあり、よく枝葉が出るので、刈り込んで生垣にすることが多いです。
ヒイラギモクセイ
モクセイ科モクセイ属Osmanthus × fortunei

ウスギモクセイ(薄黄木犀)

ウスギモクセイ(薄黄木犀)
文章の修正ウスギモクセイ(Osmanthus fragrans var. thunbergii)は中国・インド原産のモクセイ科モクセイ属の常緑樹。葉っぱは深緑で光沢があってツヤツヤしています。ギンモクセイとよく似ているが、少し黄色の強い、乳黄白色の花が咲き、香りがあります。香りはギンモクセイと同じくらい。雌雄異株で雄木しかないとされていますが、実は日本に野生種があるという話もあります。

葉っぱにはほとんどトゲはない。よくよく見ると、トゲっぽいものが見られます。

シマモクセイ(島木犀)

文章の修正シマモクセイ(Osmanthus insularis・ナタオレノキ・サツマモクセイ)はモクセイ科モクセイ属の常緑樹。樹高が15mになる高木。福井以西・九州・四国・沖縄に自生しています。葉にはトゲがほとんどない。雌雄異株だが雌木があって、10月に開花し、翌年の6月〜7月に実が見られます。

個体数が少なく、絶滅危惧種です。

最後に…

文章の修正日本で見られるモクセイは以上の五つ。花と葉っぱで区別はつきます。
ギンモクセイ…花が白い
キンモクセイ…花が黄色い
ヒイラギモクセイ…花が白く、葉にトゲがある
ウスギモクセイ…花がクリーム色
シマモクセイ…絶滅危惧種で見かけない

参考になりましたでしょうか?
それではまた。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

雑記
根腐れしたクンシランの植え替え
雑記
エゴノキの植え付け、挿し木、種まき
雑記
スズランの種子と種まきについてまとめ
雑記
金木犀(キンモクセイ)が開花しない原因と対処法まとめ
雑記
冬から春の寄せ植えの候補の一覧
雑記
アジアンタムがチリチリにならないコツ
雑記
カラテアの葉が茶色くなって枯れる原因と対処法
雑記
月下美人の植え替えと挿し木
雑記
スポンサーリンク