披露宴

TOP > 風習 > …

披露宴の由来

披露宴の由来
文章の修正を申請する
平安時代は、男性が女性の家に通う「通い婚」でした。男性と女性は恋愛関係になり、男性が女性の家に通い、それが露見する。その露見するという部分が披露宴でした。

通い婚では男性が女性の家に通っていることが「結婚」という形式の印でしたし、現在のように純潔を求められたり、配偶者に対して今ほどは真面目でなくても許されたようです。

日本で純潔を求められるようになったのは江戸時代の儒教思想が入ってからと、明治以降の脱亜政策から。

ただし平安時代の文献は少なく、源氏物語やその他の少ない文献からの推測です。

武家社会が広がり、女性が男性の家に入る「嫁入り婚」が一般的になると、婚約・結納・日取り決め・結婚披露宴の作法などが整備されました。
管理用リンク
管理用