切り花の水あげ

MENU
TOP>雑学>切り花の水あげ
スポンサードリンク

切り花の水あげ

お花屋さんが花の市場から花を仕入れて、お店に持って帰って最初のするのが「切り花の水あげ」です。

それで水あげってなんだろう?
花を収穫して、それを水に浸けただけでは長持ちしません。植物の先までしっかりと水をあげてやることで、シャキっとさせるのが「水あげ」です。

これは庭で収穫した花でも、家で飾る時はまず水あげをしないといけません。また、お店で買ってきた花は水あげをしているので、さしあたってする必要はないのですが、しばらくして、シナシナになったら水あげをすることで、若干復活させることが出来ます。

基本的な方法


バケツなどに水を張り、そこに茎を浸けて水の中で茎を切ります。そのまま水から出さずに30分ほど浸けておきます。出来るだけ深い水に浸けると水が上がりやすいです。

コツとしては、
●水中で茎を切る時に斜めに切ること
植物は茎から水を吸い上げるのですが、この断面積が大きいほど水が上がりやすくなります。

●ハサミではなく、ナイフで切った方が良い
ハサミは切るのではなく、大げさに言うと「挟んで千切っている」ので、茎の水を吸い上げる管を潰してしまいます。出来ればナイフ。ナイフが無ければ、よく切れるハサミで切ってください。
スポンサードリンク

色んな種類が

一口に水あげといっても、

湯あげ
焼きあげ
ポンプ
塩水で水あげ

などなどあります。一般家庭では通常の水あげだけで十分です。湯あげなどに関しては別ページを設けておきます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用