サントリー

MENU
TOP>園芸用語>サントリー
スポンサードリンク

サントリーとは


1899年2月に鳥井信治郎が創業した鳥井商店が始まり。サントリーという名前になったのは、当時売り出していた赤玉ポートワインの赤玉を太陽=SUNとして、そこに鳥井(トリー)を組み合わせた「サントリー」というウィスキーを売り出したことから。鳥井さんをひっくり返したのは誤りらしいです。
サントリーの特徴は上場していないこと
サントリーというと清涼飲料水・お酒で非常に有名な株式会社であることから、株を上場していると考えがちですが、株を上場していません。これがサントリーの会社の特徴です(ガーデナーにとってのという意味ですよ)。

利益を株主に配当する必要が無い


株を上場していないということは、利益を配当する義務もなにもありません。株主にゴチャゴチャ言われることもありません。そこでサントリーは利益を美術館やコンサートホールという文化事業に使うことが出来ます。
サフィニア・青いバラなどを開発
サントリーはサフィニアやミリオンベルといったガーデニングのスーパーヒット商品やムーンダスト(紫のカーネーション)や青いバラを生み出しています。サントリーは酒造会社ですから元々植物の交配・開発をしていたのですが、文化事業への取り組みが背景があった――と思います。個人的には。
スポンサードリンク

大学生の就職希望ランキングの常連

文化事業への取り組みもあり、サントリーは新卒大学生の就職希望の会社としては絶えずトップ10に入る人気会社です。理系文系に関わらずです。これって意外とすごいと思いませんか?
面接で「御社の理念に共感して」と言いやすいですね。助かります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用