ガーデニング花図鑑 http://sodatekata.com/ ガーデニング情報サイト 花の育て方とSNS日記投稿も可能です。 2018-02-21T22:06:25+09:00 ja 1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1886.html
1月は寒くて普通ならばゼラニウムは「お休み」の時期です。寒いので斑入りのゼラニウムは色が鮮やかになります。
[-[まとめ]
●基本的に室内で管理。
●戸外でも越冬できるが、寒波がくると危ないので室内が無難。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムは3度以上で管理。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは5度以上で管理。
●10度以上だと開花し生育する。
●10度以上なら普通に水やりをする。
●10度以下なら水やりは控えめに。
●10度以上なら肥料をやる。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:12:26+09:00
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1887.html
管理は1月と同じなので「★1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理」を読んでいれば内容は同じです。2月は寒い時期ですが3月に向けて温室栽培のゼラニウムがホームセンターや花屋さんにチラホラと並びます。しかし、温室で咲かせているので一般家庭のリビングなどで育てると夜中に5度前後まで下がり、枯れるまではしないでも弱ってしまいます。できるだけ暖かい場所で管理するか、「そういうもの」と考えて、日光に当てて管理します。いずれは寒さに慣れて持ち直します。
[-[まとめ]
●★1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理と同じ。
●基本的に室内で管理。
●戸外でも越冬できるが、寒波がくると危ないので室内が無難。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムは3度以上で管理。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは5度以上で管理。
●10度以上だと開花し生育する。
●10度以上なら普通に水やりをする。
●10度以下なら水やりは控えめに。
●10度以上なら肥料をやる。以下ならやらない。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:12:00+09:00
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1889.html
3月に入ると徐々に暖かくなり、ゼラニウム・ペラルゴニウムも徐々に活動を始めます。最低気温が10度以上ならば戸外の日当たりで管理するといいですが、5度以下になると枯れますし、霜に当たれば一発で枯れるので、基本的には室内で管理するものだと思ってください。暖かい日が続いてもぶり返して寒くなって、霜が降りることもあります。室内で管理するのが無難です。
[-[まとめ]
●10度以上なら水やりは「土が乾いたら」やるし、肥料もやる。
●10度以下なら水やりは「土が乾いて二、三日経ってから」やる。
●3月の下旬から4月の生育・開花の為にも液体肥料をやる。
●3月に入ったら植え替えをする。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムの3月の植え替えは土を三分の一落として植え替えができる。
●3月は室内で管理が無難。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムは開花しているなら、土を落とさずに植え替えをする。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは土を落とさずに植え替えをする。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:11:39+09:00
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1890.html
最低気温が10度を超えてゼラニウムが開花し始めます。ペラルゴニウムも生育して花をつけます。しかし、4月は寒冷地でも中間地でも霜が降ります。関東では5月のゴールデンウィークでもたまーに霜が降ります。本当にたまーになんですが霜が降りることがあって、霜に当たればゼラニム・ペラルゴニウムともに枯れます。だから4月も室内が無難。天気予報をチェックして最低気温が10度以下になるようなら取り込むようにすればいいです。面倒な人は室内で管理しましょう。
[-[まとめ]
●土が乾いたら水をやる。
●肥料をやる。液体肥料を二週に一回程度。
●植え替えは基本しない。ゼラニウムを植え替えるときは土を落とさないで一回り大きな鉢に植え替える。植え替えの時に剪定をしない。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは植え替えをしない。
●日当たりで管理。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムは戸外で日光に当てると良いが、まだ霜が降りるので、寒波が来たら取り込む。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムはこれまで通り室内で管理。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:11:16+09:00
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1893.html
5月はゼラニウム・ペラルゴニウムともに開花する時期です。花盛りで、店頭にも鉢植えが並びます。店頭の鉢は大抵は根詰まり寸前です。植え替えをすると元気になります(やらなくてもいいですが)。
[-[まとめ]
●土が乾いたら水をやる(乾燥気味に管理すると花が小さくなる)。
●液体肥料を10日に一回ほどやる。
●痛んだ花は早めに摘む。
●日当たりで管理する。
●霜に当たらないようにする。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:10:53+09:00
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1894.html
6月といえば「梅雨」。梅雨になると高温多湿になり、長雨で日光不足になりやすいです。ゼラニウム・ペラルゴニウムにとってはちょっと嫌な時期です。梅雨の間は水やりを減らし、傷んだ花を早めに摘むことで灰色かび病を予防します。とは言っても、6月に入ったらすぐに「梅雨」って訳じゃありませんし、最近はカラ梅雨ってこともよくあります。梅雨に入る前とカラ梅雨だった場合は5月の栽培管理を参考にしてください。
[-[まとめ]
●梅雨前までは4月5月と水やりは同じ。
●梅雨に入ったら水やりは控えめに。空梅雨のこともあるので、状況を見て水やりをしましょう。
●花に水をかけない。
●雨が当たらないところで管理する。日光の当たるところで管理する。
●終わった花は早めに摘む。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは花が終わりかけたところで植え替えをする。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:10:32+09:00
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1895.html
7月の前半は梅雨。北海道では梅雨がなくて、寒冷地では梅雨でも涼しい時期で花がよく咲きます。しかし、暖地・中間地では7月は高温多湿で夏バテして開花しても花が小さくなってしまいます。7月以降は涼しい場所で管理するのがコツになります。ペラルゴニウムは7月も植え替え時期です。ペラルゴニウムはゼラニウムよりは暑さに強いので日光に当ててください。
[-[まとめ]
●梅雨の時は水やりは控える。
●梅雨が明けたら急に暑くなるので乾燥に注意して水をやる。
●液体肥料を10日に一回か二週間に一回やる。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウム・変わり葉ゼラニウムなどは暑さに弱いので梅雨明けしたら半日陰に移動させるのが無難。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは日光に当てる。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:10:09+09:00
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1896.html
一年で最も高温多湿の時期です。暑さに弱いアイビーゼラニウムは枯れることもあります。ゼラニウムも弱ります。これらは風通しの良い半日陰に移動させてください。ペラルゴニウムは暑さに強いのですがそれでも西日に当たったりあまりに高温だと水切れしやすくなるので、水切れするようなら半日陰に移動させます。
[-[まとめ]
●土が乾いていたら水をやるが、暑いので毎日水をやることになる。
●水やりは早朝か夕方にする。
●肥料を10日に一回か、二週間に一回やる。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウム・変わり葉ゼラニウムは風通しの良い半日陰で管理する。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニムは日当たりで管理するが、水切れしたり弱っているようなら半日陰に移動させます。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:09:48+09:00
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1897.html
9月に入ってもまだまだ暑い。温暖化とも言いますが、9月は少なくとも彼岸(9月23日前後)までは暑いものです。30前後の日もあります。暑さに弱いゼラニウム・アイビーゼラニウム・変わり葉ゼラニウムはまだ半日陰で管理します。
涼しくなってくると葉っぱの色は鮮やかになり、花も綺麗に咲き始めます。
[-[まとめ]
●残暑の残る時期は水切れしないようにする。
●涼しくなったら過湿にならないようにする。水をやる前に土に触って濡れているようなら水をやらない。
●10日か二週間に一回程度液体肥料をやる。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムは気温が高いうちは半日陰で管理する。涼しくなったら日当たりへ。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは戸外の日当たりで管理。ただし水切れするようなら半日陰へ。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:09:30+09:00
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1898.html
10月になるとかなり涼しくなり、ゼラニウムにとって過ごしやすい季節になります。ただ、寒冷地では霜が降りる地域もあります。霜に当たれば一発で枯れてしまうので、霜が当たらない軒下で管理するか、室内に取り込みます。室内に取り込むのが無難です。
[-[まとめ]
●涼しくなってゼラニウムは開花する。葉っぱもイキイキとしてくる。
●土が乾いたら水やりをする。
●肥料を10日に一回程度やる。液体肥料で。
●霜が降りる前に室内に取り込む。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:09:09+09:00
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1899.html
12月になると気温が下がり、寒冷地では雪が降り、中間地でも霜が降り始めます(地域にもよりますが)。ゼラニウムもペラルゴニウムも霜に当たれば一発で枯れます。暖地以外では室内に取り込むのが基本。室内で管理していて10度以上を保てれば開花します。
[-[まとめ]
●基本的にゼラニウムもペラルゴニウムも室内で管理します。
●水やりは控えめにする。水を控えめにすることで寒さに強くなる。
●室温が10度以上で管理するとゼラニウムは開花し、生育するので、その場合は水やりの頻度をあげる。肥料もやる。
●室内で管理するときは、暖房の風に当てないようにする。窓の近くは夜中に氷点下になることがあるので、寒波が来るときは夜だけは室内の中央へ移動させます。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:08:46+09:00
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理 https://sodatekata.net/flowers/page/1843.html
11月になると暖地以外では霜が降ります。ゼラニウム・ペラルゴニウムは霜に当たると枯れます。霜に当たらないように軒下などで管理すれば戸外でも良いですが、基本的には室内。室内が無難。気温の低下とともに開花は止まり、シーズンオフではあるんですが、変わり葉ゼラニウムは寒くなって葉っぱの色合いが鮮やかになり、変わり葉ゼラニウムは観賞価値が高まります。
[-[まとめ]
●冬は水やりを控える。水を控えることで寒さに強くなる。
●冬でも日当たりで管理する。
●ゼラニウム・アイビーゼラニウムはマイナス2度まで耐えるので、霜に当てなければ戸外で越冬可能。もちろん室内でも良いが、基本的には室内で管理。
●ペラルゴニウム・ニオイゼラニウムは5度までしか耐えないので、室内で管理する。
●窓は寒波が来ると温度が氷点下になることがあるので、寒波が来るときは部屋の中央に取り込む。
●室内で管理する場合、暖房の風に注意する。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:08:25+09:00
ゼラニウム https://sodatekata.net/flowers/page/71.html
[ゼラニウムは初心者向きの植物]
真夏と真冬以外は花を咲かせてくれる、初心者向きの植物。匂いが嫌いという人もいますが、その代わり虫が付きにくいというメリットもあります。ゲラニウムと読むこともあります。
[花が咲き、香りがある。
地域によっては軒下で越冬]
条件が揃えば長期間咲きますし、ハーブで香りがありますし、種類によっては葉っぱに模様が入っていてカラーリーフとしても優秀、かつ育てやすいと結構いいこと尽くめ。[[霜に当たると枯れてしまいますが、広島では戸外の軒下で越冬します。]]ただし気温がマイナス5度以下になる強い寒波が来ると室内入れる必要があります。暖地なら戸外で越冬可能。若干夏の暑さに弱いものの夏越しは難しくありません。
[-[まとめ]
●初心者向きで育てやすい
●軒下で霜が当たらなければ、0度前後でも戸外で越冬できるが、できれば室内に取り込んだほうが無難。
●乾燥に比較的強い。水やりは乾燥気味に。
●日当たりを好む。
●真夏は半日陰が良い。
●自然と葉っぱが落ちる。自然現象なので諦める。日光が当たってちゃんと管理していれば回復します。
●摘芯すると脇芽が出ます。-]
[-[参考]
★ゼラニューム・ペラルゴニュームの仲間のまとめ
★ゼラニウム・ペラルゴニウムの病害虫の一覧まとめ-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]
[-[参考]★ゼラニューム・ぺラルゴニュームの植え替えのまとめ-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-21T13:07:14+09:00
ペラルゴニウム https://sodatekata.net/flowers/page/163.html
[ゼラニウムの仲間です]
ゼラニウムの仲間で育て方は近いです。ペラルゴニウムやゼラニウムは多種の品種があり、そこから多種の園芸品種が開発されています。
[-[まとめ]
●基本的には乾燥に強い。
●ゼラニウムより暑さに強く、寒さに弱い。
●生育時期に肥料を。
●植え替えは6月。もしくは3月か9月。-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-19T14:12:16+09:00
ゼラニューム・ペラルゴニュームの仲間のまとめ https://sodatekata.net/flowers/page/1829.html
[-[まとめ]
●ゼラニュームとペラルゴニュームの違いは、元となった品種の違い。
●ペラルゴニュームの方が寒さに若干弱くて、暑さに強い。
●他に、変わり葉ゼラニューム(ファンシーリーフドゼラニューム)・星咲きゼラニューム(モミジバゼラニューム)・アイビーゼラニューム(ツタバゼラニューム)・匂いゼラニューム(ハーブゼラニューム・セインテッドゼラニューム)などがある。
●匂いゼラニュームとペラルゴニュームは一季咲で、他は四季咲きが多い。-]
[-[参考]
★ゼラニウム ★ペラルゴニウム-]
[-[月別]
1月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
2月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
3月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
4月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
5月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
6月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
7月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
8月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
9月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
10月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
11月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理
12月のゼラニューム・ペラルゴニュームの栽培管理-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-19T10:42:01+09:00
専用土 https://sodatekata.net/flowers/page/1892.html
[-[まとめ]
●植物専用の土というのが流通している。
●その植物に適した配合になっている。肥料・水はけ・酸度(pH)も調節してある。
●自作するより手軽で結局安上がりになるので、初心者は利用した方がいい。
●酸性の土じゃないと枯れるツツジ類。サボテンなどの日本の風土と全然違う土地から来た植物。その他、山野草・観葉植物などの育てる環境や育つ環境が特殊な植物は専用土が良い。
●一般的な培養土でいい植物は専用土じゃなくていいです。-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-12T17:35:18+09:00
ゼラニューム・ぺラルゴニュームの植え替えのまとめ https://sodatekata.net/flowers/page/1891.html
このページではゼラニウム類(ゼラニウム・ペラルゴニウム・アイビーゼラニウム・ニオイゼラニウムなど)の植え替えについてまとめています。
[-[まとめ]
●ゼラニウムは3月に入ったら植え替える。3月の植え替えは古い土を落として植え替えることができる。植え替えは2年に一回。3月の植え替えの時は剪定する。
●ゼラニウムは開花中に植え替えるのであれば古い土を落とさないようにする。
●ペラルゴニウムの植え替え時期は開花後の6月。3月と9月は根詰まりした場合の緊急の植え替え時期。6月の植え替えの時に剪定する。-]]]>
こんどうそうすけ 2018-02-11T15:55:49+09:00
シャコバサボテン https://sodatekata.net/flowers/page/327.html
サボテンと名がつくために暑さに強いようなイメージを持ちがちですが、寒さに強く真夏の暑さに弱い傾向がありますので気をつけてください。デンマークカクタスやクリスマスカクタスという種類もありますが、これらはシャコバサボテンを品種改良したもので、育て方は同じです。
[-[まとめ]
●水やりは控えめ。表面が乾いていても土の中に水が残っているのに水をやると根腐れするので、土に割り箸を突っ込んで濡れているかどうか確認するといいです。
●開花させるためには10月に「秋の葉摘み」をして、二週間ほど水を切って(水をやらないこと)、花芽を出す。やらないと咲かない。
●短日植物で日が短くならないと開花しない。
●生育時期は液体肥料をやる。
●春と秋は戸外の日当たり。夏は戸外の半日陰か日陰。冬は室内へ。-]]]>
こんどうそうすけ 2018-01-31T23:45:28+09:00
テッポウユリ https://sodatekata.net/flowers/page/679.html
[花ガラを摘む]
花が傷んできたら、花ガラを摘んで下さい。花が終わると種子をつくろうと栄養をまわし、次のつぼみが咲きづらくなります。花ガラを摘むと次の花が咲きやすくなりますので、必ず摘んで下さい。
[-●花を摘むときは「手」で折ってください。テッポウユリはウィルス病に感染していることが多く、ハサミで切ることで別の植物に感染する可能性が高いです(もちろん、逆にテッポウユリが感染することもある)。なので感染を防ぐために手でポキっと折るようにします。-]
[-[参考]★テッポウユリの種まき・タネから育てるコツ-]
[育てやすい植物ですが]
球根を植えれば、育ちますし、枯れることは少ないのですが、毎年キレイに咲かせたい!となると連作障害がおきるために若干大変です。
[-[まとめ]
●庭植えにすると乾燥時期以外は水やりはほぼ不要。
●鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやる。テッポウユリは乾燥に弱いので注意。
●植え付けは10月。10月に植えて芽が出るのは二月三月。
●開花は5月前後。花が終わったら、花を摘むことで球根の疲弊を防ぐ。
●開花後、葉っぱが黄色くなるまでは葉っぱを残して球根を太らせる。
●植えっぱなしで夏を越す。
●連作障害を起こすので、庭植えの場合は二年か三年に一回植え替える。鉢植えの場合は毎年植え替える。
●肥料が切れると球根が太らずに来年咲かないが、肥料が多いと葉っぱが黄色くなるので注意。-]
[-[参考]★テッポウユリの種まき・タネから育てるコツ-]]]>
こんどうそうすけ 2018-01-31T19:42:25+09:00
テッポウユリの種まき・タネから育てるコツ https://sodatekata.net/flowers/page/1888.html [-[まとめ]
●一般的には分球・株分けで増やす。
●種子を作ると、その株は来年は花が小さくなるので、種子を作らせないのが普通。
●種子は一般的な育苗でいい。
●発芽から一年で開花する。
●種子から育てたものは性質が一定ではない。-]]]>
こんどうそうすけ 2018-01-31T19:41:04+09:00