ガーデニング花図鑑 http://sodatekata.com/ ガーデニング情報サイト 花の育て方とSNS日記投稿も可能です。 花だんこんどう 2017-12-12T18:56:27+09:00 ja ミセバヤ https://sodatekata.net/flowers/page/770.html
日本に自生する多年草。ムラサキベンケイソウ属というのは分かりやすく言うと「セダム」です。山の岩場に見られます。ただし自生数は少なく場所は限られます。
初心者向きの植物です。上へと伸びるのではなく、下へと垂れる植物です。緑の葉っぱも愛らしく、花は綺麗、秋になると紅葉します。
冬は地上部のほとんどが枯れ、根と小さな葉っぱだけで冬を越します。

[注意点は過湿]
暑さ寒さに抵抗があって日本自生の植物。育てるのは簡単です。一番気にするのは過湿。日陰に置いたり、水のやりすぎや真夏の蒸れなどで、枯れることがあります。虫も発生しますが、少ないですしオルトランなどで駆除できます。]]>
ベンケイソウ科 こんどうそうすけ 2017-12-11T17:36:52+09:00
10月のハイビスカスの栽培 https://sodatekata.net/flowers/page/1865.html
気温が低下していますが、まだまだ開花の時期。ハイビスカスは株が充実していて、条件が揃えば12度以上で開花します。なので最低気温が12度以下になったら室内に取り込んでしまってもいいです。ちなみに霜に当たると枯れてしまうので、忘れないように取り込むようにしましょう。
[-[まとめ]
●まだ開花するが、気温が12度以下になったあたりから室内へ取り込む。
●10度以下になると落葉し始め、5度以下で枯れる。それまでに取り込む。霜に当たると枯れる。
●開花する株はまだ水を欲しがるので水切れしないように。
●土が乾いたら水をやる。
●開花するなら肥料もやる。
●室内に取り込むときに強剪定しても良い。
●室内の日当たりで管理する。-]]]>
ハイビスカスの管理 こんどうそうすけ 2017-12-11T17:02:14+09:00
ハイビスカス https://sodatekata.net/flowers/page/155.html
[園芸に興味の無い人もハマる]
基本的に5月前後から店頭に出回り夏の間中、咲き乱れる南国風ビジュアルの元気な花です。夏の暑さ、直射日光にも強く、初心者向けです。[[液肥と日光と水やりをすれば、簡単に毎日あの大きな花が咲きまくります。]]特に今まで花に興味が無かった男性がハマりやすいです。
[一年草と考えましょう]
夏に咲いた後は冬には枯れてしまう一年草扱いですが、気温と水やりに気を付ければ越冬して、また翌年も咲いてくれます。ただ、非常に面倒ですし、ハイビスカスが高価ではないのもあって、一年草扱いです。
[その日のうちにしぼむ一日花]
花は咲いたその日にしぼんでしまう一日花です。そのため肥料が切れるとすぐに花が止まります。
[夏の花?]
ハイビスカスと言うと夏の花というイメージですが、真夏の高温にはさすがにグッタリしてしまい、開花は鈍くなります。盛りはむしろ秋。9月10月が見ごろです。
[まとめ]
[-●一年草と考える。冬越しは出来なくもない。
●毎日咲いて、毎日しぼむ。一日花が開花期間ずっと咲き続ける。
●日光と水と肥料があればよく咲く。
●肥料は一週間に一回、液肥をやる。-]
[-[月別の管理]
1月のハイビスカスの栽培
2月のハイビスカスの栽培
3月のハイビスカスの栽培
4月のハイビスカスの栽培
5月のハイビスカスの栽培
6月のハイビスカスの栽培
7月のハイビスカスの栽培
8月のハイビスカスの栽培
9月のハイビスカスの栽培
10月のハイビスカスの栽培
11月のハイビスカスの栽培
12月のハイビスカスの栽培-]]]>
アオイ科 こんどうそうすけ 2017-12-11T16:47:34+09:00
9月のハイビスカスの栽培 https://sodatekata.net/flowers/page/1864.html
9月になってもまだ暑いです。乾燥に気をつけて水やりをしてください。ただ気温が下がってきて開花シーズンになります。肥料が切れないようにもしてください。
[-[まとめ]
●まだ高温です。水やりをしっかりと。
●開花するなら肥料を。
●根詰まりしているようならば植え替えをする。
●台風が来たら風を避けるために室内か、風の当たらない場所に移動。
●コンクリの床の上に直接置かない。-]]]>
ハイビスカスの管理 こんどうそうすけ 2017-12-10T19:25:59+09:00
8月のハイビスカスの栽培 https://sodatekata.net/flowers/page/1863.html
気温が上昇して夏真っ盛り。ハイビスカスは熱帯の植物のイメージがありますが正確には「亜熱帯」。日本の夏では暑すぎて暑さで生育が鈍くなる品種もあります。また、あまりの高温に水やりが追いつかないこともあり、[[8月はハイビスカスの生育に失敗しやすい時期でもあります。]]
[-[まとめ]
●水切れ注意。
●開花しているなら肥料をやる。株が弱ってるなら肥料はやらない。
●あまりの高温で生育が止まることがある。その場合は肥料をやらない。
●ハワイアン系は暑さに弱い。それ以外は暑さに強いが、暑さに強いとされるものでも高温で株が弱ることがある。その場合は、遮光するか半日陰に移動させる。
●オールド系・コーラル系で根詰まりしているようであれば植え替えも。-]]]>
ハイビスカスの管理 こんどうそうすけ 2017-12-10T19:06:53+09:00
ビワ https://sodatekata.net/flowers/page/737.html
植えていれば、枯れることもなく成長し、常緑。毎年花をつけて実をつけてくれます。ただし、鳥が実を食べてしまいますので、なかなか食べるに至らないことも。鳥が食べるより先に収穫しましょう。
[開花が11月~2月、収穫は5月~6月]
キレイにして、鳥に食べられないようにするには、4月にビワの実に袋を掛けてやります。これでキレイな実がなります。袋を掛けないとキズだらけのビワになります。味は一緒ですけど。
いい香りがして黄色く色づいたら収穫します。
[-[まとめ]
●木は寒さに強いが、花・ツボミは寒さに弱い。寒冷地で育てる場合は寒さに強い品種を選ぶ。
●花を間引くことで甘くて大きな実ができる。
●果実には袋をかけると綺麗な果実が収穫できる。
●袋をかけないと鳥に食べられる。
●環境さえ合えば、簡単に育つ。
●鉢植えでも育たない訳ではないが、植え替えが大変。-]
[-[参考]★ビワの品種まとめ-]]]>
バラ科 こんどうそうすけ 2017-12-10T13:46:35+09:00
ゲンペイカズラ https://sodatekata.net/flowers/page/861.html
[生育サイクル]
春から成長し夏に花が咲いて、冬になると寒さに当たって落葉することもありますが、また春には芽を吹きます。冬は室内で管理する方が確実です。鉢は夏に出回ります。
[ツル性なので絡むものが必要]
鉢植えの場合だとフェンス状のものに絡めています。植え替える場合はアサガオを巻き付ける行灯(アンドン)の支柱を用意して植え替えしましょう。
[花が終わるとガクが紫に]
花が終わると白かったガクが紫に色づきます。]]>
クマツヅラ科 こんどうそうすけ 2017-12-10T13:32:34+09:00
古い土の処分方法(初心者向け) https://sodatekata.net/flowers/page/573.html [-[まとめ]
●古い土は雑菌・虫が繁殖し、肥料が偏っていて植物を植えると問題が起きる。
●なので植え替えをするたびに古い土が発生する。
●古い土は処分しなくちゃいけない(リサイクルする場合は自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)を参照)。
●自治体によってはゴミで回収してくれる。
●ホームセンターによっては回収してくれる。
●山や公園に捨てるってのもあるけど、不法かもしれないのでオススメしない。
●自分の庭に撒くという方法も-]
とにかく、土は新しいものを使わなくてはいけません。詳細は「★必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)」のリンク先でご覧ください。
では古い土はどうするのか???という新たな問題が発生します。一番簡単なのがゴミに出すというもの。実は古い土を収集・処分してくれる自治体も結構あって、袋につめて出せば回収してくれます。昔は東京も生ゴミの日に出すと回収してくれていました。

でも、土をごみ収集してくれない自治体もたくさんあります。その場合はどうするのか??です。]]>
ガーデニング基礎知識・雑学 こんどうそうすけ 2017-12-08T10:33:07+09:00
クコ https://sodatekata.net/flowers/page/1019.html
[環境が適していると簡単に増えます]
よく芽吹き、刈り取ってもすぐに回復してきます。日当たりが良くて水が切れなければ、だれでも栽培可能です。
植えると、横へと茎を伸ばし発根して株が大きくなっていきます。極端な繁茂は無いのですが、何年かで大きなコロニー状に育ちます。

[-[まとめ]
●育てるのは簡単。庭植えでも鉢植えでも。
●トゲがあるので、注意。
●実は食べられるが、堕胎の効能があるので妊婦は食べない。
●日当たりで管理。
●肥料は控えめに。
●鉢植えは毎年植え替えをした方がいい。-]]]>
ナス科 こんどうそうすけ 2017-12-08T10:23:44+09:00
7月のハイビスカスの栽培 https://sodatekata.net/flowers/page/1862.html
気温は上昇。7月の上旬はまだ梅雨ですが後半には梅雨も明け、夏に突入。亜熱帯の植物であるハイビスカスの季節です。しっかりと日光に当て、水と肥料を切らさないようにすれば、面白いように毎日開花します。
7月で問題なのは下旬以降の水切れです。小さな鉢に植えている場合、水切れが非常に起きやすくなります。今年購入した株は植え替えるといいです。冬越しして春に植え替えた株も、根の張り具合によっては植え替えてもいいです。
[-[まとめ]
●梅雨の時は水やりを控える。土が乾いてから水をやる。
●梅雨が明けたら水切れに注意する。
●梅雨明け後は朝と夕方の二回、水をやるようにする。
●肥料が切れたら花が止まるので、必ず肥料をやる。
●日光に当てないといけないが、あまりに日光が当たって水切れするようであれば半日陰に移動するか、一回り大きな鉢に植え替える。
●春に植え替えた冬越しの鉢も根詰まりしているようなら植え替えてもいい。
●店頭で売っているハイビスカスは鉢が小さくて根詰まりしているので植え替えると水切れしにくくなる。-]]]>
ハイビスカスの管理 こんどうそうすけ 2017-12-07T17:01:25+09:00
6月のハイビスカスの栽培 https://sodatekata.net/flowers/page/1861.html
気温が上昇し、生育が旺盛になります。開花は本格化します。店頭には開花した株が並びます。ここからは勢いよく生育させるために、水切れや肥料切れを気にしなくちゃいけなくなります。これまでとは逆ですね。
六月の中旬・下旬あたりから梅雨入りします。ハイビスカスは梅雨に弱いわけじゃないんですが、日照不足と過湿で腐ってしまうこともあるので、弱い株は要注意。鉢植えの場合は、雨の当たらない場所に移動させたほうがいいです。
[-[まとめ]
●水切れしないように。
●肥料切れしないように。液体肥料でも緩効性固形肥料でも。
●日当たりで管理。ただし梅雨の間は、過湿を避けて雨の当たらない場所が良い。
●買ったばかりの株は植え替えると良い。-]]]>
ハイビスカスの管理 こんどうそうすけ 2017-12-07T16:23:01+09:00
オステオスペルマム https://sodatekata.net/flowers/page/205.html
寒さに強く-5度まで耐えられますので、防寒などはほとんど必要ありません。寒冷地の場合は霜よけなどが必要になります。

反面夏の高温多湿に弱くて、梅雨の長雨に晒されると、蒸れて傷んでしまいます。そこで梅雨前に刈り込んで風通しをよくするといいです。
[-[まとめ]
●寒さに強いが、高温多湿に弱い。
●春と秋は日当たり。冬は軒下の日当たり。夏は日陰に。
●梅雨から夏にかけて暑さで消えることが多い。
●生育期に肥料が切れると花が止まる。
●育てるのは楽。
●水やりは普通に。
●切り戻しを6月にする。-]]]>
キク科 こんどうそうすけ 2017-12-07T10:56:05+09:00
ニオイバンマツリ https://sodatekata.net/flowers/page/605.html
花が咲いては休み、咲いては休みというサイクルを繰り返しつつ、4月から10月前後まで開花します。花が減ったからと色々と詮索して気をもまずに、そのまま管理をしましょう。常緑です。
[-[まとめ]
●花の色が紫・白と変わり、開花時期が長い。
●耐寒温度は5度で霜に当たると枯れるが、軒下など霜が直接あたらなければ戸外で越冬できる地域は多い。
●水切れを起こしやすい。庭植えでも水切れする。
●肥料は控えめ。
●樹木全体に神経毒がある。実や種子を犬猫が食べることで死亡することも。-]]]>
ナス科 こんどうそうすけ 2017-12-07T10:36:41+09:00
5月のハイビスカスの栽培 https://sodatekata.net/flowers/page/1857.html
5月になると本格的にハイビスカスが活動を始めます。しかし、寒冷地ではまだ霜が降りることがありますし、関東でも5月の第一週はごく稀ですが霜がおります。ハイビスカスは霜に当たればほぼ一発で枯れてしまいますので、寒い夜は取り込むなど気を使わないといけません。
[-[まとめ]
●戸外の日当たりへ移動する。ただし、まだ霜が降りる地域もあるので注意。
●寒の戻りがある場合は室内へ移動させる。
●植え替える時期。
●挿し木接ぎ木もやる時期です。
●水やりを増やし、開花するなら肥料をやる。
●切り戻しをしておく。-]]]>
ハイビスカスの管理 こんどうそうすけ 2017-12-06T22:36:33+09:00
アヤメ https://sodatekata.net/flowers/page/56.html
花がしおれたら、花を摘んでください。そのままにしておくと種を作り、栄養をそちらに回すので、株が弱くなるだけでなく、腐った茎が根元まで腐らせて、枯らせることもあります。
[-[まとめ]
●水やりは普通。土が乾いたら水をやる。湿地帯の植物ではない。水のやりすぎに注意。
●日当たりを好むが、極端な感想は苦手。
●花が終わったら、花茎を根本から切る。種子を取る場合は放置しておく。
●用土は一般的な培養土でいい。
●植え付けは新芽が出る前(地上部がない状態)か、開花した後。
●鉢植えは毎年植え替え。庭植えでも3年に一回は植え替え(株分け)。-]]]>
アヤメ科 こんどうそうすけ 2017-12-06T19:27:27+09:00
シルバータイム https://sodatekata.net/flowers/page/933.html
乾燥に強く、過湿を嫌います。真夏の高温多湿に弱く、夏に蒸れて枯れることもあります。日光を好むものの耐陰性があって、少々日当たりが悪くても問題なく生育しますので、最初から風通しのよい半日陰に植え付けをしましょう。
[よく茂りすぎるとムレる]
春によく日光を浴びて、生育すると梅雨と夏に株元から蒸れてくることがありますので、梅雨前に刈り込んで起きます。環境が合っていると何もしなくても毎年芽吹くような頑健な植物ですから、それほど気にしなくても。
[-[まとめ]
●シルバータイムはタイムの一種。育て方はタイムと一緒。
●ハーブとしてより草丈の低い「カラーリーフ」として人気がある。しかも多少の日陰でも育つ。
●夏前と秋に刈り込む。
●冬は霜に当たると葉っぱが枯れるが、枯死はしていない。-]]]>
シソ科 こんどうそうすけ 2017-12-06T13:33:05+09:00
ヤツデ https://sodatekata.net/flowers/page/805.html
[縁起のいい植物]
ヤツデは八つ手と書きますが、実際には八つに裂けていることは少なく、大抵は7か9、少なくて5という奇数です。八つというのは「たくさん」という意味かもしれませんが、八は末広がりで縁起が良いこととヤツデが人を招くイメージから、昔から「千客万来」の縁起のいい植物として門に飾ったり、植え込んだりする植物です。

[半日陰に植えて、あとはほったらかし]
強い日ざしが苦手で、ジメジメした場所を好みます。一般的に樹木が育たないような場所でも育てられるので、庭木によく見かけます。

[毒性があり]
葉っぱと茎、根に毒があり、口にすると体調不良を起こします。犬などの動物も口にすると体調不良を起こします。ただし、実際に問題が発生したという事例はありません。普通にしていれば問題は発生しないかと思われます。]]>
ウコギ科 こんどうそうすけ 2017-12-05T16:00:03+09:00
スクテラリア https://sodatekata.net/flowers/page/1860.html
ここではスクテラリアについて書いていますが、箒をひっくり返したような「ステラリアのコスタリカーナ」は多少育て方が違うので別途ページを設けていますので、コスタリカーナに関してはそちらを参照してください。コスタリカーナは寒さにも暑さにも弱いですが、それ以外の品種はそこまでじゃないです。
[スクテラリア]
スクテラリアは日本で自生する「タツナミソウ」の仲間で、環境が合えば基本的に頑健。夏越し・冬越しは可能。花姿も日本人に向いたものだと思います。
[-[まとめ]
●水やりは普通。土が乾いたら水をやる。
●冬は水やりを控える。
●春と秋は戸外の日当たり、夏は半日陰、冬は室内。
●春から秋に液体肥料を二週に一回やる。
●ジャワニカは暖地であれば戸外で越冬。霜が降りる地域(中間地)でも霜に当てなければ戸外で越冬も可能。でも、室内で管理が無難。-]]]>
シソ科 こんどうそうすけ 2017-12-05T15:57:54+09:00
スクテラリアコスタリカーナ https://sodatekata.net/flowers/page/551.html
このページではスクテラリアのうちのコスタリカナについて書いています。それ以外の「スクテラリアジャワニカ」「スクテラリアベンテナティ」とは育て方が違います。

スクテラリアは長日植物といって、昼の時間が長いと花を咲かせやすくなります。花が咲くのは春と秋。夏は暑すぎて株が弱り、花が咲きません。
[-[まとめ]
●夏の高温多湿・直射日光に弱く、冬の寒さに弱い。
●よって真夏か冬に枯れることが多い。
●管理は難しい。花が派手なので一年草と割り切って楽しむのがよい。
●冬は10度で越冬するが、10度では落葉する。落葉しても枯死していなければ春に芽吹く。-]]]>
シソ科 こんどうそうすけ 2017-12-05T15:32:49+09:00
サルココッカ https://sodatekata.net/flowers/page/1495.html
常緑の低木で樹高は20㎝から60㎝と低い。肥料を与えると大きく育ちます。といっても2mくらいです。強い香りのある花が咲き、実がなりますが、花や実は鑑賞のメインではなくあくまで葉を楽しむものと考えてください。日陰でも育ちます。病害虫にかかりづらく、大気汚染にも強い。管理が楽なので植え込みなどに使います。刈り込むと株元から芽が出て地表を覆うのでグランドカバーとして利用することもあります。刈り込みに強く、よく芽が出ます。耐寒性があり、東北南部より南ならどこでも育ちます。
[-[まとめ]
●簡単に育つ。超初心者向き。
●生育が遅い。
●日陰にも強く、病害虫にも強い。
●寒さに強く暑さにも強い。
●流通量が少ない。-]]]>
ツゲ科 こんどうそうすけ 2017-12-05T15:14:37+09:00