シクラメンがうつむいて咲く理由……こんどう(管理人)さんの日記

MENU
スポンサードリンク

「シクラメンがうつむいて咲く理由」

2011年11月19日
日記の著者DATA

こんどう(管理人)

先日、シクラメンが入荷して、店先に降ろしていたら、お客さんが「わぁ!どうしたのこのシクラメン!グッタリしてるじゃない!」とおっしゃるので、見てみると、別にぐったりしているわけじゃないんですが、言われてみれば、首が下がっているように見える。とくにツボミのところが。

「いえいえ、シクラメンは下に向いて咲いて、花びらが上へとひっくり返るんですよ。だから、絶対に下を向くんです」

と、主張しましたが、

「へぇ、あぁ、そー」

と、どうも信用していない。

それは仕方ないとして。

シクラメンは「うつむく修道女」という異名があるくらいですから、うつむいているのです。よく考えると変な咲き方です。グロリオサのように花びらがひっくり返っているわけです。

これ、なんででしょうか?調べました。分かりました。

シクラメンは地中海の雨季と乾季のある地域の植物で、シクラメンが咲くのは雨季の時期。つまり、雨が多いのですね。シクラメンが普通の植物同様に上に向いて花を咲かしていると、雨がメシベやオシベに当たって花粉が流れ落ちて受粉しずらいのです。それを避けるためにわざわざ下向きに咲いて花をひっくり返しているのです。

ちなみに、地中海地域のほかの植物の代表のチューリップは、雨の日には花びらを閉じることで雨を防いでいます。

植物はいろいろと考えています。
スポンサードリンク

コメント

他の日記

2011年11月19日
シクラメンの選び方
2011年10月17日
テイカカズラの伝説
>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク