ビオラに肥料は必要??……こんどう(管理人)さんの日記

MENU
スポンサードリンク

「ビオラに肥料は必要??」

2011年11月20日
日記の著者DATA

こんどう(管理人)

ビオラの苗の土の中や、市販の培養土には緩効性の肥料が入っています。これだけでも、ビオラは咲きますし、しばらくは肥料を上げる必要が無いのですが、ビオラやパンジーに限らずペチュニアといった、開花期間が非常に長いガーデニング植物には、追加の肥料が必ず必要になります。

一つとして、花を咲かせるということが植物にとって一大事業で、非常に体力を使うからです。なので肥料が切れたとしてもビオラが枯れることは無いのですが、花つきが悪くなり、葉色も悪くなります。

これは推測もありますが、現在のビオラのように花が咲き乱れること自体が、品種改良の結果で、単純な植物の機能としては過剰なことということもあります。また、解説ページに「花が終わったら種子を付けようとする」と書いてあるのですが、実際のほとんどのビオラには種がつきません。種子が付かないように処理をしているからです。種が出来ないから次の花を次の花をとビオラは頑張っているのかもしれません。とにかく肥料は必要です。

よく肥料は栄養。と考えられていますが、実際はドーピング剤のようなもので、弱っているときに肥料を上げるとさらに弱ってしまいます。ビオラが水切れや寒風でシナっとなったら、まずは水やりをやったり、寒風の当たらない場所へと移動させるなど、原因への対処を行って、回復してから肥料をやるなどしてください。いきなり肥料は逆効果です。
スポンサードリンク

コメント

他の日記

2011年11月19日
シクラメンの選び方
>>>>このユーザーの日記一覧
スポンサードリンク