嬉しい副産物!菜園の自家製ニンニクの芽の抜き方

MENU
TOP>雑学>自家製ニンニクの芽
スポンサードリンク

ニンニクの茎

トウがたつ
花芽がニョキニョキ出る状態のことをさします。この花芽の茎が「ニンニクの茎」としてスーパーで並ぶもの。これもおいしいので、抜いて食べてるのも手。
●春以降に生えてくる花の茎のことです。
●スーパーでにんにくの茎として販売しています。

ニンニクの芽の抜き方

ニンニクの芽の抜き方
両手で芽を掴み、ちょっとづつ引っ張る。1センチ引っ張ってより根元に近い部分を付かんで引っ張る。そうやって抜いていると「プチっと切れ」ないで「ポンっと抜ける」。
●抜く方法を書きましたけど、普通は適当に「切る」。抜くのはニンニクの芽の見た目と抜く感触の問題。切ると「ニンニクの芽」の残った部分から別の芽が出てきてまた収穫できる。
●ニンニクの芽を抜いた後に穴が開く。人によってはここに雨が溜まって株が腐ることがあるらしい。水はけがよく、元気に育っていたら、穴が空いてもすぐに新しい葉っぱが出てきてそんなことにはならない。
●ニンニクの芽を食べられるほどに生育させてから収穫すると、球の生育が鈍くなる。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用