花のセロハンは外すべき?

TOP >ガーデニング基礎知識(中級編)>>管理

目次

  1. セロハンは外しましょう!
  2. 時と場合にもよる
  3. 結論
  4. SNSボタン・関連記事

セロハンは外しましょう!

文章の修正セロハンの目的
フラワーアレンジや花鉢をギフトで貰った場合、全体を透明なセロハンで覆っている場合があります。このセロハンは配達のときに花を傷つけないようにする目的と、キレイに見せるためのものです。
セロハンをそのままにしていると蒸れる
セロハンは空気を遮断していますから、蒸れやすくなり、そのままセロハンをしていると花が傷みやすいです。特に夏場は胡蝶蘭も花鉢もフラワーアレンジも、セロハンで蒸れると、すぐに花が傷み、枯れてしまいます。
花鉢はセロハンで根腐れ
花鉢の場合はラッピングをしていると、どのくらい水をやっているのか、どのくらい乾いたのかもよく分からず、そのうち水のやりすぎて根腐れを起こしてグッタリとしてきます。花鉢でも最初の二、三日程度はセロハンをしていても、その後はセロハンを外し、出来ればラッピングも外してしまいましょう。
スポンサーリンク

時と場合にもよる

文章の修正もしもコンサートの御祝だったら?
あなたがコンサートを開くとしたら、セロハンはキレイに見せるものですし、コンサートは一日だけのもの。すぐに外す必要はありません。コンサート会場にある間はセロハンやラッピングはそのままにしておきましょう。
もしも長期間の展示会や開店祝いだったら?
例えば開店祝いで店に飾る場合や、一週間以上の長期間の展覧会や個展だったら………冬なら多少蒸れても見た目重視でセロハンはつけておきます。夏なら外した方がいいでしょう。春や秋は……なんとも言えません。
こういったケースでは花は賑やかしです。花持ちを考えると外した方がいいですが、基本的にはセロハンはつけたままにしておいて、枯れてしまったら撤去するというのがイイでしょう。

結論

文章の修正セロハンは外すべき
ただし、コンサートの御祝や、長期間の展覧会や個展など、会場の賑やかしならばセロハンは外さず、枯れてきたら撤去する。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

同じカテゴリの記事

植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
食べた果物の種から育てられる植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
オススメで人気のグランドカバープランツの一覧
ガーデニング基礎知識(中級編)
肥料
ガーデニング基礎知識(中級編)
自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
ガーデニング基礎知識(中級編)
トゲがある植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
越冬できるハーブ
ガーデニング基礎知識(中級編) ハーブ
マルチング
ガーデニング基礎知識(中級編)
根腐れ
ガーデニング基礎知識(中級編)

人気記事

植えてはいけない植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
アキランサス
ヒユ科
10月のクリスマスローズの管理
クリスマスローズの管理
カランコエ
ベンケイソウ科
スポンサーリンク