真夏と真冬はガーデニングをしない

TOP >ガーデニング基礎知識(中級編)>>管理

目次

  1. 真夏と真冬は作業をしないように
  2. いうても作業をゼロには出来ない
  3. SNSボタン・関連記事

真夏と真冬は作業をしないように

文章の修正ガーデニングというと一年中、頑張るという印象がありますが、真夏と真冬にも作業をしていると、命の危険もありますし、辛いあまりにモチベーションが下がってしまいます。
真夏は日射病の危険
真夏の日当たりは脱水症状になり、死んでしまうこともあります。水分を取って予防をしても、年齢や体調によっては倒れて、最悪死亡することがあります。そこで、少なくとも8月は水遣り以外の作業はしないようにします(水やりだけでもやばいことが……)。大抵の作業は9月以降になってから作業しても問題ありません。
真冬はやる気が無くなる
冬のガーデニングは秋までに作業をしておいて、冬も真夏同様に水やりと花ガラ摘み程度にとどめます。雪が積もる地域では作業そのものが出来ませんから論外ですね。真冬の寒いときにガーデニングの作業をするとモチベーションが下がります。
スポンサーリンク

いうても作業をゼロには出来ない

いうても作業をゼロには出来ない
文章の修正真夏・真冬に作業はしないようにする、としても全くのゼロにすることは出来ません。水やり、剪定、寒肥、花ガラ摘みなどは、真夏・真冬でもしなくちゃいけません。

出来れば一年の作業工程の計画表を作り、そこに「必要なこと」として羅列しておくと、作業効率がよくなりますし、真夏・真冬の危険な日を避けやすいです。
スポンサードリンク

SNSボタン・関連記事

はてブ LINE

ブログやBBSで紹介していただけるならコチラ

はなまるくん「ツイッターはじめましたぁー」

はなまるくんTwitter

園芸ブロガーのための園芸用語リンクツール

園芸ブロガーのための専門用語リンクツール

同じカテゴリの記事

花のセロハンは外すべき?
ガーデニング基礎知識(中級編)
自宅で出来る古い土の再生方法(中級者向け)
ガーデニング基礎知識(中級編)捨てない・買わない土のリサイクル
カラーリーフ
ガーデニング基礎知識(中級編)
繁殖力が強い植物
ガーデニング基礎知識(中級編)
日向土
ガーデニング基礎知識(中級編)

1月に開花する植物

ガーデンシクラメン
サクラソウ科シクラメン属
木立性セネシオ
キク科ペリカリス属
キルタンサス・マッケニー
ヒガンバナ科アマリリス属
ミルフル
スミレ科スミレ属
ゴールデンクラッカー
キク科ユリオプス属

1月に植え付け・植え替えする植物

パセリ
セリ科
コンテドシャンパーニュ
バラ科バラ属
アブラチャン
クスノキ科クロモジ属
レモン
ミカン科ミカン属
アラカシ
ブナ科コナラ属

人気記事

モンキーツリー
キク科
プチダリア
キク科
ビオラ・パンジーの切り戻し(摘芯)のコツまとめ
ビオラ・パンジーの管理
ブルーアイス
ヒノキ科
犬猫の食べる草
イネ科
スポンサーリンク