水やりのコツ

MENU
使い方 TOP
ガーデニング基礎知識・雑学>水やりのコツ

水やりは土が乾いてから

水やりは土が乾いてから
この項目の修正・提案をする
このページは「水やり」のザックリとした基礎知識をまとめています。

水やりは土が乾いてから
水をやりすぎると、根が腐って枯れてしまいます。初心者が植物を枯らせる原因の一位が水のやりすぎです。指で土に触ってみて、濡れているようならば、水はやらないでください。これが基本です。
何日に一回水をやるとはハッキリ言えない
水やりの頻度は季節・日当たり・気温・風通し・土の配合・植物の種類によって、大きく違います。何日に一回の水やりと解説ページに書いてあってもあくまで参考程度にしてください。土の乾き具合を確認して水をやるようにしましょう。
水をやるときはしっかりと
水を控えるという書き方をしているのですが、この控えるというのは量では無く頻度です。一回の水やりは一部の例外を除いて、鉢底から水がしみ出す位にしっかりとやるようにします。水をやるという行為には水分補給以外にも幾つかの目的があります。詳細は水やりのページで。

庭植えにも水やりは必要?
鉢植えほどではないですが庭植えの場合も土が乾いていたらタップリしっかり水をやりましょう。あまりにも水がないと庭植えでも枯れます。
散水タイプと水差しタイプ
如雨露にハス口を付けている場合や、ホースに散水用ノズルを付けて使っている場合。広範囲に満遍なく優しく水を上からかけるのには便利なのですが、土の表面だけ濡らして水やりをしたツモリになってしまいがちです。散水で水を与える場合は水の量もしっかり考えながら与えましょう。
水差しで与える場合、できれば根の周りの全方位に水が行き渡るようにしましょう。一か所にしか水を注がないと、土の水はけがよいと水が鉢底まで素通りしてしまい、根の一部しか濡れません。どの方向の根も濡れるようにします。
スポンサードリンク

花に水、葉に水

花に水、葉に水
この項目の修正・提案をする
花に水が掛ると花はしぼみます
花は水が掛ると花をしぼませます。花を長く楽しむためには根元の土に水を注ぐのが基本です。口の長いジョウロがあると水やりが楽になります。
でも……
葉っぱが乾燥するのを嫌う植物もいますし、葉っぱが乾燥するとハダニが発生しますので、戸外の植物なら、たまには水を葉っぱにも掛けるように上からバシャーっと水をやってください。室内で管理している場合は霧吹きで水を葉っぱにかけてハダニを予防します。
葉っぱに水が掛ると枯れる植物も
中には葉に水が掛ると葉っぱが傷んでしまう植物(ミリオンスターカランコエベゴニアなど)や、葉っぱについた水から病気になり得る植物(バラ・菊(ガーデンマム・ポットマム)・イチゴなど)もあります。各解説ページをチェックしてください。

また、花に水が掛るとしぼむのですが、あんまり気にしないことが多いです。面倒ですからね。

上からやるときの注意

上からやるときの注意
この項目の修正・提案をする
植物の上から水をバシャーっと掛けるときは、上から掛けて、なおかつ土にも水を注いで下さい。
●葉っぱが邪魔になって根本に水が落ちません。

雨も同じ原理
同じ原理で、雨が降っても雨水が根本にいかないケースがあります。特に大株に育った鉢植えなどは、雨の日でもよくチェックして水をやりましょう。
●キクやマーガレットなど鉢の大きさに対して葉っぱの広がりの方が大きく、こんもり茂って土が上から見えないような鉢植えが特に要チェック。
●一つの鉢に何株かまとめて植えた場合や寄せ植えの場合も同様に水が土まで辿り着きにくいので要チェック。
●「水を好む植物」かつ「今が伸び盛りの生育期」かつ「鉢植え」なら、雨が降ろうと降るまいと基本的に水やりする。※水はけが悪い場合を除く。
●土の露出具合や雨量によっては水が充足していることもあるので、葉っぱや茎の元気さや土の湿り具合、鉢の下の水の有無などでチェックをする。水が十分そうならあえて水やりしないほうがよいことも。ただ、植物の元気さ具合と水の量の好みは植物によるので一概には言えない。
●「雨だったから水やりしないでいいだろう」と水やりを控えた翌日以降にしおれたりぐったりしていたら水不足の可能性大。そういう鉢だけでも、雨の日でも水をやるようにする。
●鉢植えに限らず、庭植えでも状況次第で地面だけが濡れないケースが時々ある。軒下だったり、大きな植物の陰になっていたり。そういう場所も確認しておく。
●濡れたまま蒸れると白さび病などの病気にかかる恐れがあります。葉っぱがちょっとくらい濡れても風で乾くなら大丈夫ですが、長時間の多湿は禁物です。蒸れやすい時期は注意が必要です。茂っていれば茂っているほど蒸れやすいので、どうしようもなく蒸れやすい条件が揃ってしまったら、ある程度剪定して風通しを良くしておくと病気の予防につながります(ただし剪定の分花の数は減ります)。濡れた葉っぱから手で水を落としておくのも有効です。

夏と冬

夏と冬
この項目の修正・提案をする
夏の水やり
真夏は気温が高く、水の蒸発が激しいので、戸外で管理している時は特に、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。昼に水をやると、鉢や土に日が当たって濡れた部分の地温が上昇し、根を痛めてしまいます。とりわけ、日中に葉の上から水をやるのは禁物です。丸い水滴がレンズ効果で太陽光線を集め、ピンポイントに集約された太陽光線が葉を焼き傷めます。
●夏までに生育して根詰まりを起こしていると夏の高温で水切れしやすくなります。朝夕水やりしても水切れします。根詰まりする前に植え替えるか、どうしても水切れする場合は半日陰や日陰に移動させます。
●移動できない場合はマルチングで根本付近の地面を保護します。⇒例:ヒマワリ

冬は逆に蒸発量が減り、植物が水を吸い上げる力が落ちていますので、水は控えます。冬に成長が停まる植物は、土が乾いてから数日経って水をやる程度になります。しかし、冬に開花する植物は、開花や花の維持に水を多く必要としますので、種類にもよりますが春や秋なみに水を与えます⇒例:パンジーアネモネ
●水やりを控えるのは量ではなく頻度。
●水やりを控えることで寒さに強くなるので、冬は寒さに弱い植物はなおさら控えめに。
●冬は朝(太陽が昇った後~午前中)に水やりをします。昼以降や夕方に水をやると水が土の中に残り、それが明け方の寒さで凍ってしまい根を傷めてしまうため。あまり早朝にあげるとその後、凍る恐れがあり、特に道路に面しているような場所では、流れ出た水が路面を凍結させ事故を起こしかねず大変危険です。同じ理由で、日中でも凍り付きそうなくらい寒い日は水やりは控えます。太陽が昇って地面を照らして温めてくれそうかどうか(温めているかどうか)が、冬の水やりの一つの判断基準になります。

葉水をしましょう
土に水をやると、根腐れしやすいのですが、冷暖房で空気が乾燥していて葉っぱがカラカラという時期があります。観葉植物の冬がこういう状態です。また胡蝶蘭デンファレといったラン科や空気中の湿度の高い熱帯雨林の植物は夏も葉水をしてあげるとよく生育します。
あと乾燥するとコナジラミ・ハダニが発生しやすいです。葉っぱの裏に霧吹きすることで予防になります。
●葉っぱに水がかかると問題がある植物もあるので、調べてから水をやる。

水やりのコツ

この項目の修正・提案をする
まとめ
●基本は土が乾いてから、水をやる。
●水をやりすぎると根が腐る
●やるときは鉢底から染み出すくらいにする。ただしラン類やサボテンサンセベリアの類は別。
●花に水が掛かると、花がしぼむので、土に注ぐと花が長持ちする。
●葉っぱが乾燥するとハダニが付きやすいのでたまには葉っぱに水を掛ける。もしくは霧吹きで水を掛ける

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。(利用規約・プライバシーポリシーはこちら)
▼内容

ガーデニングアプリを作りました!

「水やりのコツ」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

ガーデニング基礎知識・雑学の仲間


ガーデニング基礎知識・雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用