マルチング

TOP > ガーデニング基礎知識(中級編) > ……

マルチングとは

マルチングとは
文章の修正を申請する
マルチングは作物の根本をビニールなどで覆って蒸発を防いだり、防寒したり、雑草の発生を防ぐことです。
当サイトはガーデニングのサイトですので、ビニールで覆うのではなくてワラや腐葉土グランドカバーで隠す方法を主に書いていきます。
まとめ
●マルチングは植物の株元に腐葉土やワラを敷いて、乾燥を防いだり、寒さを防ぐこと。
スポンサードリンク

素材

文章の修正を申請する
腐葉土
市販されている腐葉土でマルチングをすることが出来ます。防寒・蒸発を防ぐ・真夏に根の温度が上がり過ぎないようにすることが出来ます。腐葉土はビニールなどと違ってそのまま分解され土壌改良にも役立ちます。
しかしデメリットしてコガネムシの幼虫を呼ぶということがあります。真夏に根の高温を防ぐ為にマルチング材として腐葉土が使われることがあるのですが、これが虫を呼び寄せて結果的に他の植物の根も食べられるという二次災害になることも。
ワラ
ワラは腐葉土と同じように利用されます。スイカやメロンといったツル性の植物の場合、ワラに絡みつかせることもあります。
マルチ
ビニールで覆う方法です。よく畑で見かける黒いビニールのこと。雑草が生えない・蒸発が防げるといったメリットが大きいですが追肥が出来ない、ゴミが発生する、という問題もあります。
グランドカバー
ガーデニングの場合、蒸発を防ぎ、雑草を防ぐのであればリュウノヒゲなどのグランドカバーを植えることで同様の成果を得られます。もちろん作物を収穫するところに植えると邪魔ですけど。→コンパニオンプランツ
管理用リンク
管理用