リュウノヒゲの育て方

MENU
TOP>ユリ科>リュウノヒゲ
スポンサードリンク

リュウノヒゲ(竜の髭・蛇の髭・玉竜)

リュウノヒゲ
科名ユリ科
学名Ophiopogon japonicus Ker-Gawler
別名竜の髭・蛇の髭・玉竜
みずやりたまにやる程度
場所外の日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


便利なグランドカバー
日向でも日陰でも半日陰でも、どこでも選ばず育ち、草丈はずっと10センチ前後と非常に低いです。春先に刈り込んでやると、葉っぱが綺麗になりますが、何もしなくても綺麗です。
雑草が生えにくくなり、草抜きが楽に!
リュウノヒゲを植えると、雑草が生えにくくなります。草抜きが大変ならば植えると非常に便利です。またリュウノヒゲは横へと広がるスピードが遅く、管理のしやすいのもメリット。ヒメイワダレソウアップルミントクローバーのように、植えたら最後、他の植物を駆逐するまで広がっていく…ということも無いです。
雑草を駆逐するわけではないですが……
雑草は生えにくくなりますが、決して競り勝つというわけではなく、隙間から生える雑草を抜いてやらないといつのまにか、日光獲得競争に負けて枯れていることも。あくまで、雑草を防ぐ程度と考えてください。それでも草抜きの手間は相当軽減されるはずです。

水やりと肥料

庭植えなら水やりはほぼ不要
雨に当たる場所であれば、水やりは、日照りでも無い限りは必要ありません。雨が当たらない場所ならば、土が乾いていたら水を適宜あげてください。大抵、何かの植物の近くに植えることが多いので、その植物に水をやるついでに、水をやれば十分です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土はこれといってえらびません。市販されている花と野菜の土を利用して植えてください。春先に植えてもいいですが、極端に寒かったり極端に暑かったりしなければ、いつ植えても大差ありません。

鉢植えにする人はいないでしょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

どこでも育ちます
日向でも日陰でも、寒さにも暑さにも負けません。どこでも構いませんの都合のいいところに植えてあげます。日陰では育たない芝生の代わりとして、下草として、庭の開いたスペースに植えたり、敷石の隙間に植えてやったりと、何かと便利な植物です。
積雪にも強く、霜にも強い
雪が積もっても枯れることはありません。霜に当たっても枯れません。

特徴・由来・伝承

非常に強い育てやすいグランドカバー向きの植物です。冬でも枯れない常緑多年草。葉っぱが「竜の髭」に似ていることから、こんな名前になったみたいです。「蛇の髭」とも呼ばれます。随分とスケールが違いますね。コクリュウという黒い葉っぱの仲間があります。

お庭のメインにはなりませんが、便利な脇役です。

初夏に花が咲き、青い艶のある実がなります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

リュウノヒゲの日記

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用