一年草

TOP > 園芸用語 > 更新日

一年草・宿根草の誤解

文章の修正よく宿根草か一年草かを気にしてホームセンターなどで苗を買われるのですが、苗のタグに書かれている「一年草」「多年草」「宿根草」は、自生地での性質であることがあって、日本の庭に植えた場合、タグ通りに生育するかどうかは微妙です。
夏のガーデニングの主役「ペチュニア」も自生地では多年草ですが、日本では春~秋に楽しむ一年草扱いです。

日本は季節の気温差が大きいために、冬越し・夏越しが難しいですからね。
スポンサードリンク

定義

定義
文章の修正一年草とは、一年で一世代を終える植物のことです。
例えば、春にタネを撒き、成長して夏に咲いて秋に枯れる、そんな植物です。宿根草に比べると、花つきが良く、生育スピードが速い傾向がありますので、日本のガーデニングに向いていると言えます。
多年草って
一年草に対して、花が咲き終わってもそのまま翌年のシーズンも同じ株が花を咲かせるものを「多年草」と呼びます。また、多年草のうち、冬に地上部が枯れても春にはまた芽吹くものを宿根草……というのですが…
多年草とか一年草とかあんまり気にしない
よく植物の苗のタグに「多年草」「宿根草」と書いてあるもんだから、毎年咲くのだと思っている人が多いのですが、アレはまー、あてにしない方が賢明です。
というのも、自生地で多年草であっても、日本では冬に枯れたり、夏に枯れる植物がほとんどです。仮に冬越し・夏越しが可能であっても、相当な上級者でないと出来ないなんてこともザラ。
それに一年草だから来年は咲かない、という訳でもありません。

翌年は咲かない?

文章の修正一年草だから今年だけとは限らない
一年草の多くは花が咲いて種子を残して消えていきます。そのこぼれダネがまた来年、発芽して芽吹いて……ということがよくあります。各解説ページを参考にしてください。

要約

文章の修正★一年で1世代が終わるもの
★翌年も咲くかどうかは植物による

関係記事・人気記事

摘芯

摘芯(ガーデニングテクニック)
一定の大きさに成長した植物の芽の先を切り落とすことで、わき芽を増やし、結果大きな株に成長します。アサガオやニチニチソウなど、非常に多くの植物で有効な方法です。 [脇芽が出にくいものもありますから] 中…

剪定

剪定
剪定は樹木の枝を切ることで全体を整えたり、風通しをよくしたり、成長を促したりと樹木の健康には必要なものです。その樹木や季節によって意味合いは異なります。 [人と自然との付き合い] よく「自然にあって…

グランドカバー

グランドカバー(ガーデニング用語)
[概要] ガーデニングする上で、地面を覆い隠すために植える、草丈が低いか、匍匐(ホフク)する性質の植物のこと。 フェンスに這わせるものもグランドカバーと分類することがあります。一般的に性質は頑健なもの…

半日陰

半日陰
半日陰は一日のうちで数時間だけ日が当たるような場所のことを指します。 例えば、午前中だけ日が当たり、午後以降は建物の影になるような場所。具体的には家の東側などがこれにあたります。 [西日に注意しましょ…
管理用リンク
管理用